トヨタ GAZOOレーシング フェスティバル2016

11月27日に静岡県の富士スピードウェイで行われたトヨタ GAZOOレーシング フェスティバル(TGRF)2016。年に一度のトヨタモータースポーツの祭典だ。今年はあっと驚くサプライズ、そしてガズーの新たな一面を魅せるさまざまなイベントが実施された。走行系を中心にレポートをお届けしよう。

文:WEB ベストカー編集部/写真:西尾タクト、塩川雅人


あのクルマがついに日本でも走った!!

 

トヨタのモータースポーツというと現在ではスーパーGTを連想する人が多いと思うが、やはりそのルーツはラリーにある。すでに1970年代からトヨタは WRCで目覚ましい活躍を始め、1990年代にはカルロス・サインツやユハ・カンクネンがセリカを駆りドライバーズタイトルを獲ったほか、念願のマニファクチュアラーズタイトルも獲得する。

1995年にリストリクターへの不正が発覚してWRC参戦禁止処分が下されるという過去もあったが、1999年のカローラWRCでのマニファクチュアラーズタイトル獲得など最後までその戦闘力はワールドクラスを維持した。しかしながらF1参戦のタイミングも重なったことから、この年を最後にラリーから撤退している。そんなトヨタのラリー史が2017年から再びWRCの舞台で再開する。

なんとオープニングセレモニーで突如2017年からのWRC参戦マシン、ヤリスWRCが日本で初お披露目されたのだ。しかもドライバーはトヨタのWRCチームを率いるレジェンド、トミ・マキネン氏、そしてコ・ドラはモリゾウ選手こと豊田章男社長だ。豪華すぎる競演に会場からはどよめきが止まらないほど。

さらにラリーパークでは往年の名車ST185がコースチェックの「ゼロカー」を務めるなど、魅せる演出にクルマ好きは大興奮。またトヨタと協業関係にあるスバルやSTIも参戦し、ベストカーでもおなじみの新井敏弘選手がWRX STIを華麗なドラテクで操り観衆を魅了した!!

20161127_tn_001-23  20161127_tn_001-29

dsc_48490 20161127_tn_001-9

 

ラリーだけじゃない、GAZOOが挑む耐久の世界

トヨタは数々のモータースポーツカテゴリーに参戦していることもあり、当日は走行する車両たちもさまざま。富士スピードウェイの本コースでは世界を舞台に戦うレーシングカーがデモラン。まず行われたのが「ニュル24時間耐久レース」を再現したデモランだ。

今回はスバルのニュル仕様のWRX STIが参戦しているというのも大きな目玉。路面がウェットなのをいいことに、なんとV10搭載のLFAのインに飛び込むという下克上を達成!? ストdsc_8044レートではさすがにかなわないがコーナー立ち上がりではAWDの底力を見せつけた。メーカーの垣根を超えたエキシビションがトヨタのイベントで見られるのはファンとしては嬉しい限り。

さらには市販車が発表される前からニュルに挑んでいたC-HRのニュル仕様もお披露目。ニュルで鍛え上げたハンドリングは、市販車の開発にも大いに役立っているはずだ。

当日はこのほかにRCF、86のニュル仕様車もデモランを行い、会場のファンを湧かせた。

  dsc_80860  dsc_80670