R92CP×鈴木利男ほか レジェンドマシン9台が走った!! NISMOフェスティバル2016

日産のモータースポーツを長年サポートするNISMO。日産のモータースポーツの歴史を紡いできたNISMOが所蔵する数々の名車、そして現在も最前線で活躍するクルマたちを目前で見られるのがこのNISMOフェスティバル。12月11日(日)に富士スピードウェイで行われたこのイベントの様子をお届けしよう。

文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人


走りに走った往年の名車たち!!

NISMOフェスティバルといえば多くのレジェンド級の名車が走るデモランが魅力。それも歴史に残る名勝負が繰り広げられてきた富士スピードウェイの本コースを走るのだから、長年のファンはもちろんのこと、若いファンもサウンドや振動でレーシングカーの迫力を体験できると評判だ。今回の走行車両は以下のとおり。

・R380(和田孝夫)           ・R381(北野元)
dsc_1549 dsc_1316

・R382(星野一義)           ・R92CP(鈴木利男)
dsc_1965 dsc_2104

・フェアレディ240Z(柳田春人)     ・サニーエクセレントクーペ(田中哲也)
dsc_1994 dsc_1345

・チェリークーペ(長谷見昌弘)                ・スカイライン2000 GT-R(影山正美)dsc_2002   dsc_2038

・カルソニックスカイラインGT-R(星野一樹)
dsc_2054

 

ドライバーもマシンもすごいネーミングが並ぶのがNISMOフェスティバルの魅力。ましてや1960年代の日本グランプリで活躍したR380、 R381、R382が一堂に会すのはこの日だけとあって、多くのファンの注目を集めていた。当時、実際にステアリング を握っていた選手たちがマシンを駆るという大サービスで、往年の名車たちに思いを馳せるファンも多かった。

また水野和敏氏(当時ニスモチーム監督)とも縁が深いR92CPも、ベストカーとしては外せないクルマ。現役当時は400km/hをこの富士スピードウェイで記録したとも言われており、現代でも一線級の速さを見せていたのが印象的。そして当日のドライバーはR35の開発で水野氏とタッグを組んだ鈴木利男氏。R92CPがあったからこそ、R35の黄金コンビが生まれたともいえる。

また走行中にフェアレディZにトラブルが発生しダンロップコーナー手前で停止というハプニングも。ファンを驚かせたのは、そこに来た星野一樹選手が操るカルソニックGT-Rが柳田春人氏を回収するという光景。助手席もないクルマだが、どうにかピットまで戻っていったようだ。こんな心温まる光景もシーズンオフのフェスティバルならではかもしれない。

dsc_2082

助手席からカルソニックGT-Rに乗り込む柳田春人氏。子息の柳田真孝選手は運転席にいる星野一樹選手とタッグを組んでいた時代もあり、なにか深い縁を感じた瞬間だ