さよならフォード 2016年日本撤退で、今振り返りたい意外なデータ

フォードが日本への輸出を開始したのは1905年。それから数えて111年が経った2016年、フォードは日本市場からの撤退を発表した。

現在の日本ではドイツ車勢が輸入車販売の上位を占めるが、アメリカのフォードと日本には長い歴史がある。マスタングなど多くのファンを持つモデルがあり、古くから日本に関わってきたフォード。

これまでどのクルマが最も売れたのか? そして撤退を前にした2015年に最も売れたクルマは? 日本におけるフォードをデータで振り返る。

文:ベストカー編集部/WEBベストカー編集部
ベストカー2016年3月10日号


これまでに日本市場から撤退した輸入車ブランドは?

2016年1月26日、突如としてフォードは日本市場からの撤退を発表した。

撤退発表直後にフォード・ジャパンの広報部に取材をしたところ、発表の直前までその事実を知らなかったといい、撤退が日本でフォードに携わる人々にとって如何に突然の出来事であったかがわかる。

フォードの撤退で2016年は5年振りに日本市場から輸入車ブランドが去った年になった。フォード撤退以前で最も最近日本から撤退した輸入ブランドはスウェーデンのサーブ、これは2011年のことだった。

日本は輸入車ブランドが多い国だが、それだけに撤退したブランドも少なからず存在するのだ。

■日本市場から撤退した輸入車ブランド
・ランチア(イタリア)…1998年撤退
・ローバー(イギリス)…2000年撤退
・サターン(アメリカ)…2001年撤退
・オペル(ドイツ)…2006年撤退
・ヒュンダイ(韓国)…2010年撤退
・サーブ(スウェーデン)…2011年撤退

日本で売れたフォード車 歴代TOP5

フォードの日本における長い歴史で、販売台数が多かったクルマのランキングをみてみよう。

1位は日本撤退前まで発売が継続されていたSUVのエクスプローラーで唯一3万台超え。2位は2代目モデルが日本でも人気を博したトーラス、3位は日本の道でも扱いやすいサイズのセダン&ワゴン、モンデオとなった。

フォードを代表するスポーツカーのマスタングは4位という結果。各車、日本でも人気を博した世代があった。

1位 エクスプローラー ■販売台数:3万6711台 ■日本での販売期間:1993年〜

 

2位 トーラス ■販売台数:2万8671台 ■日本での販売期間:1988〜2001年

 

3位 モンデオ ■販売台数:2万6493台 ■日本での販売期間:1994〜2008年

 

4位 マスタング ■販売台数:1万8349台 ■日本での販売期間:1994年〜

 

5位 エスケープ ■販売台数:1万7703台 ■日本での販売期間:2000から2014年

 

次ページ:2015年日本で売れたフォード車TOP5