東京オートサロン2017 メーカー各社のこのクルマを見逃すな!!

いまやチューニングカーの祭典という側面のみならず、「プレ東京モーターショー」としての機能も持つ東京オートサロン。自動車会社の本格的な出展もひとつの魅力になっている。そんなオートサロンがいよいよ1月13日(金)〜15日(日)に千葉県の幕張メッセで開催される。毎年コンセプトモデルや、最新のワークスチューニングを施した車種が登場する。2017年のオートサロンを盛り上げる各社の注目車種を紹介しよう。

文:WEBベストカー編集部/写真:トヨタ、日産、ホンダ、スバル、ダイハツ


トヨタはTGRの2台がベールを脱ぐ

2017年はいよいよトヨタがWRCに参戦するなど、GAZOO レーシングの活動が本格化する。そんなGAZOOのブランド”TGR”が市販車ベースのコンセプトモデルを発表する。WRCにも参戦するヤリス(日本名:ヴィッツ)、そしてエコカーでも抜群の売れゆきを誇るアクアをベースにしている。

ティザー画像だけでは詳細は掴めないが、ヴィッツは開口部も大きく、WRCを意識したデザインになることは間違いなし。エクステリアだけではなく、運動性能を高めたG’sよりもさらにスポーツ性を高めたモデルになるはずだ。

バンパー開口部の大きさ、本格的なエアロパーツが垣間見える。ヴィッツのリアにはスポイラーも見える

日産はプレミアムスポーツコンセプトを展示

日産はあまりエアロパーツゴテゴテのカスタムカーではなく「オトナ仕様」のスポーツモデルを出展する。車種はスカイラインとセレナだ。

スカイラインはカーボンパーツを使ったエクステリア、そしてダークブロンズがボディラインを引き締めている。専用エグゾーストを装備しており、オトナのスポーツサルーンとしてすぐにでも市販できそうな完成度だ。内装もセミアリニン本革シートで高級感を演出。

いっぽうのセレナはボディの裾をグルッと取り巻くブロンズのラインがアクセントとなり、大径ホイールと相まってハッキリとした存在感を示している。内装もキルティングレザーでワンランク上のセレナだ。

スカイライン プレミアムスポーツコンセプトはルーフこそカーボンではないようだが、この色味を見てもかなりこだわりを感じる。本来のスカイラインのコンセプトらしい「オトナスポーツ」を具現化したモデルだ

ブロンズのアクセントが効いているセレナ ハイウェイスター プレミアムスポーツコンセプト。フロントプロテクターが迫力を出している。市販されたら人気が出そうだ

次ページ:ホンダとスバルからはあのクルマが登場