【東京オートサロン2017】ホンダ スーパーGT体制発表 勝つための大変更

昨年は未勝利とスーパーGTで苦しいシーズンを送ったホンダが、巻き返しを図る2017年の参戦体制を東京オートサロンで発表。マシン、ドライバー、技術陣ともに昨年とは違う勝つための体制で王者レクサス、そして日産に挑む!!

文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト、編集部


新たに3チームの体制を発表し、すべての体制が判明

体制発表会は冒頭、山本雅史モータースポーツ部長の、この言葉から始まった。

「昨シーズンはホンダとしてスーパーGT“ゼロ勝”という非常に悔しいシーズンとなりました」

ホンダはスーパーGTで、2015年第6戦SUGO以降未勝利が続き、シリーズチャンピオンも2010年を最後に獲得できずにいる。

雪辱を期すホンダは昨年末、全5チームのうち新規参戦チームとなる「チーム・無限」と「NAKAJIMA RACING」の体制のみ先行発表。

そして今回、東京オートサロンで残り3チームの陣容も発表し、ホンダ系5チームすべての体制が判明した。

復活の無限にヨコハマタイヤが供給、小林がGT500初参戦

「今シーズンは、新型NSXをベースとしたNSX-GTを投入し、さらに新たなチームとタイヤメーカーを仲間に加えて巻き返しを図ります」

山本氏がこうコメントするように、今シーズン体制のトピックは昨シーズンとは異なるマシン、チーム構成、そしてタイヤだ。

マシンは、2L直4ターボエンジンを積むミドシップという基本は同じながら、今季の規定に合わせて開発・改良を行った新車、NSX-GTを投入。

チーム構成では、かつてのチャンピオンチームでもある「チーム・無限」を復活させ、ドライバー陣もシャッフルしてきた。

今回、新たに発表された3チームの体制のなかでは、小林崇志がオートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)に加入することもトピックのひとつ。

小林は昨シーズンまでGT300に参戦。第4戦富士で優勝を挙げ、今シーズンは自身初のGT500参戦となる。

オートバックス・レーシング・チーム・アグリ陣営。左から野尻、監督の鈴木亜久里、そしてGT300から抜擢の小林

そして、「タイヤ」では新たにヨコハマタイヤを迎え入れる。昨季までホンダ系の5チームは、4チームがブリヂストンタイヤを、1チームがダンロップタイヤを履いていた。

それが今季は3チームがブリヂストン、1チームがダンロップ、そして1チームがヨコハマタイヤという内訳となる。

ヨコハマタイヤは昨季のスーパーGTで8戦中3勝を挙げているだけに、ヨコハマを履くチーム・無限の成績にも注目が集まる。

浮沈の鍵を握る技術スタッフの一新も発表

さらに、最後に山本氏からホンダの浮上の鍵を握るトピックが明らかにされた。それは技術スタッフの体制変更だ。

「今シーズンは何としてでも勝つために研究所の体制を大きく見直しました。この変更に伴い、スーパーGTプロジェクトリーダーを佐伯が務めます」

佐伯昌浩氏は、ホンダのスーパーフォーミュラプロジェクトリーダーも務める人物。スーパーGTで現在使われているのは、スーパーフォーミュラ用と基本を同一とする2L直4ターボエンジンで、佐伯氏はこのエンジンの開発責任者でもある。

マシン、ドライバー、チーム、タイヤ、技術陣……。全方位で体制を一新したホンダ。2017年シーズンは逆襲のシーズンとなるか。

オートサロン会場にも展示されたニューマシン、NSX-GT。中身だけでなく、このマシンを「作る」人、そして「使う」人の体制も代え、ホンダは王座奪回を目指す