「アンダー300万円」で買える!! 国産MT車コレクション

DCTの登場で変速機もかなり進化を遂げたと感じる今日。それでも3ペダルが最高に面白い!! という方も多いだろう。そこで今回WEBベストカー では、いま新車で買える車両価格アンダー300万円のおすすめMT車を集めてみた。「90年代…、あの頃は5ナンバーのマニュアルが多くてよかったのに なぁ……」で止まっているのはもったいない!! 現行で楽しめるクルマたちを見ていこう。

文:WEBベストカー編集部/写真:奥隅圭之、トヨタ、マツダ、ホンダ、スズキ


オーバー250万円クラス

今回のセレクションでもっとも高価なクラスがこの「オーバー250万円クラス」。250万円以上、300万円以下という枠組みでセレクションを行ってみた。 ここまで出すなら中古のネオクラシックな1990年代スポーツも買えるが、そこはあくまでも現行車というくくりで見ていただきたい。

■やっぱり86&BRZはかかせない
トヨタとスバルのFRスポーツといえば86&BRZ。この2台はカスタムパーツも豊富だし、やはりマイナーチェンジでかなり質感もアップしたから素直におすすめできるクルマ。2Lの水平対向エンジンを6MTで操るのは最高に楽しい。

担当のおすすめオプションはザックスダンパー(5万4000円)。もちろん車高調を入れる選択もアリだが、「20万円も出すほどでもない」、もしくは「そこまで頻繁に減衰力を調整しない」というユーザーにはこのザックスはかなりおすすめ。86の中間グレードのGTは298万1880円(BRZはRAレーシン グが同額)。300万円ポッキリとはいかないが、スポーツ走行の教材としては最高の1台だろう。

■元祖”人馬一体”はテッパン!!
ロードスターはやはりその性格からしてもおおいに楽しめる1台。2シータ−という制約はあるにしても、ラゲージスペースは確保されているし、彼女や奥さんとの旅行にはなんの不満もでないはず。WEBベストカーがおすすめしたいのはNR-A。

ワンメイクレース用の車両でマツダコネクトのナビやサイドエアバックこそ装備できないが、それを補うだけの魅力があるのがビルシュタインダンパー。このダンパーの仕上がりはまさに”最高”のひと言で、街乗り、そしてサーキット走行でも違和感なく走ることができる。

昔の競技車両のイメージとは違ってエアコンもあるから市街地でも無理なく乗れる。本気でレースをするならロールケージも純正部品として購入可能だから、ドラテクを磨いた将来への展望も期待できる。価格は264万円。

次ページ:200万円〜250万円コース