激安でも思い出は新車以上!? 俺のやっすいクルマ列伝

最近のクルマの価格は高いし、3ペダルのクルマも少ない。だから安い中古車を買おうと思ってもスポーツカーだとなかなか高い!! そこで自動車業界の猛者たちが買った「やっすい」クルマたちを集めてみた。最新のクルマでは味わえない激安のクルマたちに思いを馳せて……。

文:ベストカー編集部
ベストカー2016年11月10日号


安いクルマでも思い出は新車以上!?

世の中に存在する「激安」のクルマたち。値段相応の場合もあれば、あながち悪くないなんて場合もあったり。今回はクルマ界のスペシャリストたちが買った「やっすい」クルマたちと、その思い出をふり返ってもらった。最近の新車が高いという人はぜひこの「やっすい」クルマたちを見て、楽しいカーライフを送ってもらいたい。

代車に2万円の軽自動車(竹平素信)

クルマ商売をやっていると代車はやっぱり必要だが、貧乏テイクスに高級車はムリ。で、今の代車は4年前にクラブ員が「廃車にするから2万円なら売るよ」てなことでゲット。初年度登録平成12年の三菱ミニカバンです。

これが程度上々。交換部品なしで車検パス。当然ワシがやるから出費は法定費(4万円程度)のみ。買ってから4年後の今も絶好調だ。オドメーターも7000㎞と少なく、バリバリ走る。代車に出すと「調子いいねぇ」と言ってくれるぞ。エアコンもしっかり効くしな。が、エアコンを入れると一気にパワーダウンしてしまうのはなぜか。

いっぽうで装備はメイクなしの超スッピン。ラジオなし(さすがに後付けしたが)、パワステなし、タコメーター、トリップメーターもない。と、なんとも質素ですな。今どき4速MTだし。が、お客様にはこれが好印象らしい。テイクスのミニカバンに乗ってみたい方、OKじゃ。

 

タイヤマイスターのクルマ道はここから始まった(斎藤聡)

やっすいどころか、知り合いのクルマ屋さんからタダでもらったパブリカ。モデルは石坂浩二さんがCMをやっていた2代目の「ガッツ! パブリカ」。どんな経緯でそのクルマ屋さんの手元に来たのかは知らないが、ダンパーにデフオイルが入れてある(ほんとか?)とかでダンパーはガチガチ。

それから、なぜかキャブレターのジェットニードルが途中からスパッと切ってあるらしく、アクセルを2分の1くらい開けると勝手に全開になってしまうという……面白くも危ないクルマだった。そうそう、当時はまだ有鉛ハイオクってのが売っていて、それを入れるとなぜか8000回転くらい(後付けのタコメーターによると)回った。

当時は細かいことはかまわず、ただ乗っているのが楽しかったのだけれど、今思い返してみると排気量不明。たぶん1200㏄だったのではないかと思う。時々、無理に足としても使っていたのだけれど、さすがに渋滞では乗りにくく、夜な夜な河川敷のダートロードを走って遊んでいたのでした。

元ベストカーガイド編集部員のあの評論家はドイツ車に(国沢光宏)

私が最初に買ったクルマは初代RX-7の中古車で、100万円しました。37年前にもかかわらず近所の月極駐車場って3万円! そんなことから毎月3万円くらいのローンを組むことにまったく抵抗なかったのだ。

しかし! ベストカーガイドの編集部に入って輸入車に乗ったら「これだ!」。目が覚めちゃったんですね。たまたま個人売買のページ担当だったため、掲載モレになったアウディ80を購入した次第。確か30万円くらいだったと思う。

壊れたら捨てる気持ちでの購入です。しかし! 多少古かったものの驚くほどコンディションのいい個体で、壊れることもなし。すばらしい買い物でしたね。このクルマで輸入車の面白さに開眼した。以後、アルファロメオ、ボルボ、シトロエンと輸入車ばかり乗り継ぐことに。読者諸兄も国産車しか経験なければ、ぜひ格安の輸入車にチャレンジしていただきたい。上物なら案外壊れないです。

次ページ:あのレーシングドライバーが7万円のクルマで登場