【水野和敏SPECIAL】「内外装を入念に見れば、クルマの8割はわかる」

少し離れたところからじっくりとクルマを眺め、次に近づいてボディ各部の処理を丹念に検証。そこから水野氏の試乗は始まる。

本記事では、1月23日に発売された「ベストカー水野和敏SPECIAL」の「水野の乗り方」企画より抜粋し、水野氏がどのようにクルマを評価しているのかをお見せする。

『ベストカー水野和敏SPECIAL』より


 大事なのは「どのカテゴリーで何にプライオリティを置くか」

クルマを評価する時に大切なのは、まず乗ることより「見る」ことです。

内外装を入念にチェックすることで、どのくらいのレベルの開発がされているのかがほとんどわかります。

クルマはいかに効率よく、必要最小限のサイズで多くの求められる要件を満たすか? これが開発したメーカーやエンジニアの能力レベル。サイズやスペースを大きくすればなんでもできます。しかしそれは素人チック、誰にもできること。

なかにはデザインのためだけに100mm以上もムダなスペースを使っているコンパクトカテゴリーのクルマもありますが、大事なのは「どのカテゴリーで、どんなことにプライオリティがあるか」です。

例えば「贅沢の美学であるスポーツカーなら、多少駄肉でも情緒的デザインのためにある程度の寸法は使うが、使いやすさが大切なコンパクトカーなら徹底的に効率を求める」などです。

クルマはアートではなくユーザーのライフスタイルを演出し、創り出す工業製品なのです。

このケイマンも、実は少しムダが見られます。フロントにはエンジンがないのになぜこんなに長くする必要があるのでしょうか?

おそらくフロントは911とほとんど共通なのだと思いますが、ケイマンはリアエンジンではなくミドシップ配置なので後ろを詰めているのに前は長いままです。

横から見ると頭でっかちで前にお辞儀して見えてしまいます。もう少しフロントオーバーハングを詰めたほうがバランスはよくなるでしょう。

デザインの前後バランスというのは、前と後ろの重量感と言い換えることができます。

ケイマンは前が重そうに見えるので、ミドシップというよりFFに見えてしまうのです。その結果、911ほどの車格感もステイタス感も出ないのです。

鮮やかなブルーが青空と富士山ともよく似合うケイマン。水野氏は「もう少しフロントオーバーハングを詰めたほうがバランスはよくなる」と厳しく指摘

 ボディの各所を見ると「空力」の良し悪しもわかる

しかし、ボディの各所を見ていくと、さすがにポルシェは空力をよく知っていることがわかります。

クルマの空力で大切なのは上、下、横に空気を分離させ、その分離した空気をぶつからせないこと。

空気と空気がぶつかると渦ができ、それが負圧となって抵抗になります。

ボディを滑らかにして空気を後ろに流すだけでなく、多方面から流れてくる空気をどう処理するかが重要なのですが、このクルマは実にうまく処理していることがわかります。

ただし、ケイマンSのCd値は意外と高く、0.32もあります。空気抵抗が少なそうなデザインに見えますが、実は最近のメルセデスベンツのように、立ち気味で、四隅が四角く張り出し気味のフロントマスクのほうが、上下・左右の空気の流れを分離しやすく、抵抗値が低く、クルマを持ち上げるリフトも減らせるのです。

おそらくポルシェの開発陣もこれが空力的に素性のいいデザインでないことはわかっているはずです。しかし、ポルシェの角張った顔はお客さんが許さない。

お客さんの思い込んだブランドイメージは時として縛りつけになりますが、それはメーカーへの期待値でもあるわけで裏切れません。

そんなハンディを背負いながら、造り込んでいくのがポルシェの仕事といえるのでしょう。

ひと目でポルシェとわかるケイマンのデザイン。空力的には不利になる形だが、そのハンディを背負いながら作り込まれていると水野氏は指摘する