【千代勝正】ジューク ニスモ RSは毎日乗りたくなるスポーツカー

スポーツカーといえば、どちらかといえばちょっと不便で、日常的にクルマを使いたいユーザーとしてはなかなか選びにくい車種だろう。家族も乗せるとなれば、なおさらだ。ところが、スポーツカーには、便利なクルマにはない“わくわく”が秘められているのも事実。そこで、使い勝手と楽しさを両立できるスポーツカーを探してみた。お話をうかがったのは、レーシングドライバーの千代勝正選手。今の愛車のジューク ニスモ RSがおすすめという。

語り:千代勝正/文:Seijiro Sato(Bonobo Production)/写真:Takuya Kimura
BestCar PLUS 2016年7月18日号


楽しさ、操作性、デザインはスポーツカーが一番

─乗り始めはいつからですか?

「つい最近、まだピカピカの新車です。デザインが好きで、前から乗りたかったクルマです。乗ってみた印象は、とてもキビキビ走る。大きさもちょうどいいです。大きなSUVだと行きにくい場所もありますが、このサイズだと駐車もしやすいし、自分の生活のサイズに合っているなと思います」

─ジュークはSUVカテゴリーのクルマですが、ニスモ仕様になると、とてもスポーティですね。

「これはニスモRSというグレードで、エンジンは1.6Lのターボ。パワフルです。スポーツモードにすると速いですよ。ノーマルでも十分速いし、燃費をよくするエコモードもあります。パドルシフトもついていて、自分でシフトダウンもできるので、運転の楽しさをちゃんと与えてくれますね」

─なるほど、ほかにこのクルマの特筆すべき点はありますか?

「足が本当にしっかりしています。ニスモが開発したサスペンションですが、僕のクルマはさらに少し車高も下げています。とてもスポーティな味付けですね」

レカロのバケットシートはアルカンターラの生地。千代さんいわく「こんな高級なシート初めて(笑)。座り心地、メチャメチャいいです」

─千代さんのもう一台の愛車は、S15シルビア。渋い選択ですね。

「ジュークは普段の足として、友達と出かけたり、遠出したり、バーベキューやキャンプにも行けるクルマ。四駆なので冬の雪道も走れるし、本当に幅広く使うことができます。シルビアはどちらかと言うと、僕のおもちゃです。いまだに走り屋さんとかクルマ好きの方に根強いファンが多くて、アフターパーツが全然なくならないので、いじる楽しさは大きいですね。これからエンジンとかターボ、吸排気系、あとはシートも替えるか悩んでいます。あんなに楽しいおもちゃはないと思います」

─シルビアの前はR34スカイラインだとか。そういったクルマが好きになったきっかけは?

「『頭文字D』なんです(笑)。小・中学生当時、アニメや漫画をやっていて、影響を受けました。『頭文字D』の衝撃でハコ車が好きになりました」

─1990年代の後半ぐらい?

「そうですね。スポーツカーがまだたくさんあった時代にクルマ好きになりました。あの時代のスポーツカーは、今でも大好きなので。大事に乗りたいなと思っています」

─スポーツカーは不便なところも多いと思います。また若い人からは敬遠されている傾向もあります。そういった方たちにスポーツカーの魅力を伝えるとすると?

「スペースも狭いし荷物も入らないし、確かに不便なことも多いです。でも運転する楽しさ、操っている感覚、そしてデザインのカッコよさはスポーツカーに勝るものはありません。日産はGT-RやフェアレディZという名車を大事にしていますし、トヨタさんが86を出して、マツダさんがニューロードスターを出したり、だんだん1990年代後半の雰囲気に戻りつつある感じはしますので、嬉しいですね」

─「みんな、スポーツカーに乗ってごらん」という感じですか?

「僕のシルビアみたいなのは、普通の人には受け入れられにくいというか(笑)、少しマニアックな要素があると思うんですけど(笑)。そういう意味ではジューク ニスモRSなんかはスポーティな要素がありつつも、実用性も十分に兼ね備えているので、僕の世代、20代後半ぐらいの人にとって、ちょうどいいクルマだと思いますね」

タイヤはミシュランの新作「パイロットスポーツ4」に交換。フォーミュラE(電気自動車レース)で、実際に使っているクルマと同じトレッドパターンが採用されている。各エアロパーツはレーシングカーで開発されたテクノロジーが生かされていて、高速安定性も高い

■千代勝正的「日ごろから使いたくなるスポーツカー」
1/日産ジュークNISMO
2/日産GT-R
3/マツダロードスター
「GT-Rは街中にとまっているのを見ると、カッコいいんですよねぇ。ノーマルもいいですし、GT-R NISMOや、2017年の一番新しいGT-Rも気になります。ノーマルのGT-Rは、大人の人がおしゃれに乗れるラグジュアリースポーツカーという感じですね」

 

千代勝正Katsumasa Chiyo)
1986年12月9日生まれ。東京都出身。2002年、カートレースデビュー。2007年、FCJ(Formula Challenge Japan)に参戦。2008年、シリーズランキング3位。2009年から全日本F3選手権Nクラスに出場。2010年に3位、2011年にはシリーズチャンピオンに。2012年よりスーパーGT GT300クラスへ参戦。2015年、オーストラリアのバサースト12時間で日本人初優勝、ブランパン耐久シリーズでも日本人初シリーズチャンピオンに輝き、日本のスーパーGT GT300クラスでもチームチャンピオンに。2016年はバサースト12時間に再び参戦し僅差で2位。スーパーGT GT500クラスへとステップアップを果たし、同時に全日本F3選手権に参戦。