【デイトナ24時間】NSX GT3は5位、レクサスRC F GT3は14位

NSXとRC FのGT3マシンのデビュー戦となる『デイトナ24時間レース』が1月28〜29日にかけて開催された。世界三大耐久レースに数えられるアメリカ伝統の一戦、国産勢の気になる結果は?

文:WEBベストカー編集部/写真:Honda、TOYOTA、Nissan、Mazda


“世界三大耐久”デイトナ24時間とは?

■開催地は30度バンクを持つデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ

デイトナ24時間レースの舞台は、フロリダ州デイトナにある『デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ』。

アメリカらしい30度バンクがあるオーバルセクションを持つサーキットで、24時間レースはオーバルとインフィールド区間を組み合わせたコースで行われる。

加えて、全車追い越し禁止となるイエローコースコーションが24時間で20回以上も出されるため、最後まで接戦必至のまさにアメリカらしい見る者を楽しませるレースが繰り広げられるのだ。

こちらが舞台のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ。ご覧のとおりの大迫力だ(写真のマシンはニッサンDPi)

■注目の日本勢と参戦クラスは?

今回初参戦となる日本勢はアキュラNSXとレクサスRC FのGT3マシンだ。これに加えてマツダや日産のプロトタイプカーも走る。

総合優勝を争うのはDPiクラス。「デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル」という名のとおり、ル・マンのマシンに近いシルエットを持つプロトタイプカーによって争われるクラスだ。

DPiクラスにはマツダがワークスチームを、そして日産がエンジンを供給するマシンも参戦する。

そして今回の目玉、NSX GT3とRC F GT3が参戦するのはGTDクラス。これは「GTデイトナ」の略で、近年スーパーGTのGT300クラスにも参戦可能となったFIA-GT3マシンが鎬を削るクラスだ。

2台の国産GT3マシン、初陣は明暗分かれる

今年で55回目を迎えた伝統の一戦は、途中降雨により、約5時間もイエローコースコーションが続くという大荒れの展開に。

注目の日本勢にも出だしからトラブルが発生した。2台体制でエントリーしたレクサスRC F GT3は、14号車が開始僅か2時間足らずで早々にクラッシュし、リタイア。

もう一台の15号車もタイヤバーストに見舞われるなど、初陣となったRC F GT3にとってはツキがないレース展開となってしまった。

24時間の長丁場、序盤のタイヤバーストを乗り越え、走行を続けたレクサスRC F GT3の15号車。量産RC Fの5L、V8をチューンアップしたエンジンを積む

いっぽう2台体制で、現役インディカードライバーのハンターレイやレイホールもドライブしたNSX GT3勢は健闘。一時はクラス首位を走行する快走をみせ。初陣でクラス優勝の可能性を残し、終盤戦へ向かう。

そして、24時間の長いレースはいよいよクライマックスへ。

NSX GT3は、残り数時間というところまで、ハンターレイが乗る86号車がクラス3位を走行。しかし、レイホールが乗った93号車は、残り約1時間でボンネットが外れるトラブルに見舞われる。

93号車はいったんストップしたものの、その後レースに戻り最終的にはクラス11位(総合29位)で完走。さらに、86号車はクラス5位(総合22位)でフィニッシュ。

量産のNSXとは異なりノンハイブリッドのNSX GT3は3.5L、V6ターボエンジンを搭載。初陣を86号車がクラス5位で飾った

クラス優勝はならなかったが、ポルシェ911やアウディR8、メルセデスAMG-GTなど全27台のGT3マシンが争ったGTDクラスで上位に食い込んだ。

いっぽう、14号車がリタイアしてしまったレクサスRC F GT3は、残された15号車がトラブルを乗り越え何とか完走。クラス14位(総合36位)でチェッカーを受けた。

次ページ:マツダ、ニッサンのマシンが参戦するトップクラスの結果