【マイナーチェンジ】アウトランダーPHEVを大幅改良。EV走行性能がさらに強化

2015年に大きなマイナーチェンジを行ったアウトランダーPHEVが再び大きく進化した。EV走行のさらなる強化やビルシュタイン装着のSエディションモデルの追加など、さらに魅力的な商品になっている。今回のモデルチェンジのポイントを紹介しよう。

文:WEBベストカー/写真:MITSUBISHI


よりEVに近づいたPHEVシステムを搭載!

2月9日から発売開始となった新しいアウトランダーPHEV。写真を見てもらえば分かるとおり、外観面での変化は少ない。中身勝負というわけだ。詳細を見ていくまえに、改良ポイントを整理しておこう。

1. EV性能&走行の強化
2. 歩行者検知機能などを追加した予防安全技術の強化
3. 最上級グレード「Sエディション」の追加

まず、「EV性能&走行の強化」について。

今回の改良モデルでは、よりEVモードで走れる領域を広げつつ、選択できる走行モードが増えている。たとえば、加速が必要な高速道路の合流時などでも、駆動バッテリーからの電力供給を維持し、EV状態を保ったまま走り続けられるようになった。また選択できる走行モードが従来の2つから3つになっている。順番に挙げると、バッテリーの消費を抑える「バッテリーセーブモード」、エンジンを始動させて積極的に充電する「バッテリーチャージモード」、これに今回新設定された「EVプライオリティモード」である。このモードでは、可能な限りエンジンの始動を抑え、EV状態での走行を優先させる。

このほかにEV性能の強化としては、80%までの急速充電時間を従来の約30分から約25分へと短縮できるように改良されている。

2点目の予防安全技術「e-Assist」の強化では、車両前方のチェックを行うセンサーをミリ波レーダーからカメラとレーザーレーダーを併用するシステムに変更。歩行者検知にも対応し、衝突回避性能をアップさせている。加えて、今モデルからは後方にもミリ波レーダーのセンサーを追加。「後側方車両検知警報システム」(レーンチェンジアシスト機能付き)や「後退時車両検知警報システム」を新たに備え、既存の「誤発進抑制機能(前進&後退)」「パーキングセンサー」の機能とあわせて、高い安全機能を提供する。また、対向車や先行車を検知してハイビーム/ロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」も追加されている。

電動パーキングブレーキを標準で装備。ブレーキペダルから足を離しても、停車状態を維持できる「ブレーキオートホールド機能」も備えた

センターコンソールに配置された「EV」ボタン。積極的にEV走行を選択することが可能になった

 

ビルシュタイン装着のSエディション登場

今回のモデルチェンジの目玉ともいえるのが、最上級モデルの「Sエディション」の追加である。

ボディ剛性アップのために、構造用接着剤をボディの要所に使用。リアドア開口部やホイールアーチ部分など4mにわたって塗布して、ボディ剛性強化を行っている。
加えて専用にチューニングされたビルシュタイン製ダンパーを採用。アウトランダーPHEVが持つ、鋭い加速と低重心でレスポンスのいいハンドリングをこれまで以上に楽しめるモデルになっている。

ビルシュタインと三菱車の相性のよさは、ランエボを引き合いに出すまでもなく、相当に期待していいはずだ。

追加となった「Sエディション」。ブラックのルーフ塗装は同グレードの専用オプションだ。アルミホイールも18インチ、ダーククローム塗装となる

専用のビルシュタイン製ダンパーを装着。ボディ剛性の強化とともに、タイヤの接地性を大きく向上させ、車両の挙動を安定させ、スポーティでありながら上質な走りを実現する

■グレードと価格
・M:365万9472 円
・Gセーフティパッケージ:397万3860 円
・Gナビパッケージ:432万4860円
・Gプレミアムパッケージ:468万1260円
・Sエディション:478万9260円

 

アウトランダーPHEV Sエディション 主要諸元
■全長×全幅×全高:4695×1800×1710mm/ホイールベース:2670mm/車両重量:1900kg/駆動方式:4WD/乗車定員:5名/エンジン種類:2.0L 直列4気筒DOHC+モーター/エンジン最高出力:118ps/4500rpm/エンジン最大トルク:19.0kgm/4500rpm/モーター出力:82ps(前・後)/燃費:19.2km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:225/55R18(前後)/車両本体価格:478万9260円[税込み]