「アンダー200万円」で買える!! 国産MT中古車コレクション

100万円〜150万円コース

この価格帯になると現実的な選択肢は少し狭まる。とはいえ、セカンドカー、週末のストレス解消ドライブ用と割り切ればかなりのお買い得車が多い。「安物買いの銭失い」は避けたいので、目安として修復歴なしを基準に選んでみた。

■FRの名車の輝きはいまでも失われず
FRスポーツといえば日産シルビアを挙げるクルマ好きも多いはず。S13〜S15までシリーズがあるが、狙うとしたらS15のスペックR。搭載されるSR20エンジン自体はS13からそこまで進化は大きくないものの、ボディ剛性、電子機器の進化は大きい。あえてこだわりがないのであれば150万円をフルに使って、S15をおすすめしたい。

またシルビアの性格上、フルノーマルは諦めたほうが無難。エンジン自体は耐久性もあるから、たしかなショップなどで、ブーストアップ程度のチューニングがされた個体ならそこまでダメージは大きくない。しかしタービン交換などハードなチューニングが施されていると、イチかバチかの買い物となる可能性もある。オイル交換歴などしっかりと記録簿のある個体が望ましいのはシルビアも同じだ。

86&BRZよりもパワーを出しやすく、サーキット走行やワインディングでも楽しい走りをできることは間違いなし。S15なら初期投資こそ大きいが「故障」でお金が飛んでいくことは少なく、チューニングやコンディション維持に維持費を使える。

当然S13やS14が悪いわけではないが、古い年式だからといってターボモデルが格安というわけでもなく、S15との差は30〜50万円程度。この差額で整備を行うのも一考だから、どうしてもS13という方はぜひ意志を貫いてほしい!!

■希代の2シータ−スポーツがこの価格でいける
国産車で2シーターのピュアスポーツといえばロードスターかもしれない。数年前まではNA型が50万円程度で買えていたが、現在では程度の割に価格が少し高騰しているようだ。NC型も速さでいえば魅力的なのだが、どうしても価格帯が高く気軽に遊ぶには少し気が張る。

そうなると視野に入るのはNB型。1.6Lと1.8Lのモデルがあるが、できれば1.8Lモデルがおすすめだ。パワフルなエンジン、そして軽い車重で軽快なドライブを楽しめることまちがいなし。まだ純正パーツの供給もあるからリフレッシュして人馬一体を味わえる。

サーキットで走るのも最低限の装備で走ることができるし(国際サーキットではロールケージが必要な場合もある)、2人での1泊旅行ならば充分な積載性もあるから最低限の実用性は認められる。ドラテクを磨くには最適の教材ともいえる。

■コンパクトスポーツならこれしかない!!
コンパクトスポーツの雄、スイフトスポーツ。現在は走行距離2万km程のZC32型が130万円程度で買えるようだ。さらに160万円ほどの予算があれば走行距離5000km以下の個体もチラホラ。試乗車上がりのクルマと思われるが、お買い得に手に入れるには今がチャンス。

スイフト自体は昨年末にモデルチェンジが行われたばかり。次期型スイフトスポーツも間もなく登場がウワサされており、しばらく待てばもう少し値下がりも期待できるかも。実用性とハンドリング、そしてなによりコンパクトスポーツの楽しさが詰まったこのスイフトスポーツは決して損をしないクルマだ。

次ページ:アンダー100万円コース