可夢偉、シューマッハが樹立 鈴鹿、富士、筑波……驚速のコースレコード

昨年筑波サーキットで小林可夢偉が43秒台のコースレコードを叩き出した。筑波をご存じの方なら、このタイムが如何に驚速かご存じだろう。畑違いながら、東京-名古屋間の新幹線の所要時間は、1964年の開業時に4時間(ひかり)だったのが、今や2時間25分になっている。例えるなら可夢偉のレコードはそれぐらいのインパクトがあるといっても過言ではない。

さて、鈴鹿や富士その他のコースレコードはどうなっているだろうか?

文:WEBベストカー編集部/写真:Ferrari,TOYOTA,モビリティランド,WEBベストカー編集部


筑波のレコードは前代未聞の43秒台!!

まずは筑波のコースレコードから見ていきたい。冒頭で触れた小林可夢偉のタイムは、『スピード×サウンドトロフィー』というイベントでタイムアタックを行い樹立したもの。この43秒304というタイムは全カテゴリー含めた歴代トップのコースレコードとなっている。

2014年型スーパーフォーミュラマシンのSF14で、筑波のコースレコードを更新した小林可夢偉

ちなみに、現行ND型ロードスターレースの記録は1分9秒台。ツーリングカーでは1分を切るのは至難の業といえ、それだけに筑波で43秒台という可夢偉のタイムが、いかに驚速かわかる。

可夢偉は、2年連続でスーパーフォーミュラマシンによるタイムアタックを行っており、2015年に記録したタイムは44秒540だった。そして、それ以前は脇阪寿一氏がフォーミュラ・ニッポンマシンで出した46秒935というタイムがコースレコードで、2001年に樹立されて以来、15年以上破られていなかった。

写真は2016年のロードスターメディア対抗レース。この時の予選PPは、ベストカーチームの山野哲也選手で、タイムは1分11秒台。同じくNDロードスターのパーティレースでのレコードが1分9秒台……こうしたタイムからみても可夢偉のタイムは速すぎる!!

次ページ:続いては富士スピードウェイのレコード