【最新SUVの実燃費】 話題のC-HRはライバルを超えるのか!?

発売後1カ月の初期受注台数が約4万8000台と、好調なスタートを切ったC-HR。激戦区のミドルサイズSUVカテゴリーにおいて、“燃費”でもライバルを圧倒できるのか!? ハイブリッドとターボというエンジン違いの2台のC-HRと、ライバル3車種の実燃費を検証する。

文:編集部/写真:平野学


まずは国産SUV全5モデルのカタログ燃費をチェック

コンパクトSUVは、今や世界的に最も人気の高いカテゴリーにまで成長した。そんなSUVのなかから、今回燃費テストにエントリーしたモデルは、C-HRターボとC-HRハイブリッド、そして、CX-3、ヴェゼルハイブリッド、エクストレイルハイブリッドの計4車種5モデルだ。

まずは、各モデルのカタログ燃費をチェック。

カタログに掲載される燃費=JC08モード燃費では、C-HRハイブリッドが30.2km/Lと5台中最も優秀な数値を誇る。これにヴェゼルハイブリッドが続き、唯一のガソリンターボ車となるC-HRが15.4km/Lという燃費値だ。

ヴェゼルハイブリッドは、フィットと同じく1.5Lエンジンにモーターを組み合わせるi-DCDを採用。5モデル中唯一のデュアルクラッチトランスミッションを搭載する

その他、燃費に関わる要素でいうと、ダウンサイジングターボのC-HR S-Tのみ4WDで、その他4モデルの駆動方式はFF。4WDのC-HRは燃費に不利と予測でき、この点は割り引いて考える必要がありそう。

燃費に影響を及ぼすパワーユニットは、ハイブリッドとディーゼル、ダウンサイジングターボと多彩で、エンジン排気量もバラバラだが、これが燃費にどう影響を与えるのか?

燃費計測に使用したルートは……

1.編集部(文京区)から首都高速・東名高速を経由し、須走へ(距離:約120km)
2.須走から篭坂峠経由で河口湖へ(距離:約35km)
3.河口湖から中央道・首都高を経由し、編集部へ

という3つの区間で燃費計測を行った。

テストは高速道路だけでなく、アップダウンの多い区間も盛りこみ実施。3つのルートで実燃費にも特徴的な結果が表れるか?

高速道路、一般道、アップダウンのある道路など、さまざまなコンディションで燃費はどう変化するのか?

次ページ:いよいよ5モデルの実燃費が明らかに