三菱、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の詳細を公開!

スイス・ジュネーブでまもなく開催される第87回ジュネーブ国際モーターショー(3月7日~19日)。そこで世界初公開されることになっていた三菱の新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のディテールが見えてきた。今年の秋にも欧州で出荷が開始される予定で、その後は日本や北米や豪州などでも順次展開される世界戦略車となる。日本での発売は2017年度中という。

文:WEBベストカー/写真:MITSUBISHI


RVRとアウトランダーに続く新型クーペSUV

三菱の主力SUVである「ASX(日本名:RVR)」と「アウトランダー」との中間サイズのモデルとして登場が予定されているのが、「エクリプス クロス」。全長4405×全幅1805×全高1685mmと、コンパクトSUVとはいうものの、日本ではやや大柄なボディサイズとなる。写真を見てもらうと分かるように、フロントマスクには三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、迫力のある存在感を示している。また前後のフェンダー付近から張り出した筋肉質な膨らみが、ダイナミックな躍動感を印象づける。

深みのあるレッドのボディカラーは新開発。通常の上塗り塗装の上に、さらに半透明のレッドとクリア層を塗り重ねて実現する

ワイドなリアランプとハイマウントストップランプによりリアウインドウを上下に分割するようなデザイン。リアランプとハイマウントストップランプが横一直線に点灯し、視覚的に幅広さと安定感を演出する

このスポーティなボディに搭載されるエンジンは2種類。新開発となる1.5Lガソリンのダウンサイジングターボと、2.2Lクリーンディーゼルだ。これに組み合わされるミッションは、それぞれ8速スポーツモード付CVTと新開発の8速ATとなる。

もちろん三菱が得意とする四輪制御にも抜かりはない。走行状況や路面状態により、後輪へ伝達するトルクを常に適切に配分する電子制御4WDを搭載。これにAYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用する。

三菱の新型SUVといえば、かねてよりPHEVの登場が期待されていたが、今回発表となったモデルは、ガソリン車とディーゼルのみ。今後に期待しておきたい。

インテリアはブラックとシルバーのモノトーンとし、水平基調のデザイン。インパネ上部に7インチディスプレイを配置する

ディスプレイは、スマートフォンとの連携に対応。「Apple CarPlay」や「Android Auto」などにも対応し、音声認識を使ってアプリを楽しむことも可能だ

 

エクリプス クロス 主要諸元
■全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm/ホイールベース:2670mm/駆動方式:4WD/乗車定員:5名/エンジン種類:1.5Lダウンサイジング直噴ターボ(+CVT)、2.2Lクリーンディーゼル(+8AT)