【F1】マクラーレン、ウィリアムズ……勝利から遠ざかる名門の最終優勝はいつ?

プロ野球では昨年、広島東洋カープの25年ぶりとなる優勝が話題となった。長年優勝から遠ざかっていたカープだが、かつての黄金期では巨人、阪神に次ぐ優勝回数を誇る名門チームでもあった。

実はF1の世界でも2010年以降、レッドブル、メルセデスの黄金時代が続いていることもあり、名門ながら近年優勝から遠ざかっているチームは多いのだ。

文:編集部/写真:Mobilityland,Daimler,LAT,Renault
ベストカー2017年2月26日号


名門チームずらり。F1チーム通算優勝回数

2016年シーズン終了時点でのF1チーム通算優勝回数の上位はこちら。

セナ、プロストなどのチャンピオンを輩出し、現在はホンダとタッグを組むマクラーレンは、歴代2位の優勝回数を誇る名門チーム。

そして、ウィリアムズも同3位の名門だが、これだけ実績あるチームも、近年優勝から遠ざかっている。

マクラーレンの最終優勝はいつ?

マクラーレンが現時点で最後に優勝したのは、2012年の最終戦ブラジルGP。雨が混じる難しい状況のなか、ジェンソン・バトンが勝利をあげた。

しかし、当時エンジン供給を行っていたメルセデスが、自らのワークスチームに注力し始めたこともあり、マクラーレンは2013年以降4年連続で未勝利。2015年にエンジンをホンダへスイッチした後も勝利をあげられずにいる。

ちなみにマクラーレンにエンジンを供給するホンダの最終優勝は第3期時代、2006年のハンガリーGPまで遡る。奇遇なことに、この優勝もバトンによるものだ。

マクラーレンの現時点での最終優勝はマクラーレン・メルセデス時代。クロームメッキをメインカラーとする写真のMP4-27がそのマシンだ

■マクラーレン
最終優勝:2012年Rd.20 ブラジルGP
初参戦:1966年/チャンピオン回数:8回/優勝回数:182勝/最終コンストラクターズチャンピオン:1998年/2016年シリーズランキング:6位

次ページ:ウィリアムズやルノーも勝利から遠ざかる