自動車業界の給与明細【前編】〜職業別&メーカー別の年収はいくら!?〜

誰しも興味がある仕事の“給与”は気になるもの。そこで本企画では、クルマ好きのために自動車業界のさまざまな職業の給与事情から、働きやすさまで大調査を敢行!! 気になるあの職業の年収はいくら?

文:ベストカー編集部/写真:TOYOTA
ベストカー2016年7月26日号


職業別平均年収『自動車組立工』が好待遇

まずは客観的なデータから探っていく。下の表は、厚生労働省が毎年調査している「賃金構造基本統計調査」をもとに、自動車関連の職業の平均年収を割り出したものだ。

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」をもとに算出

記載のあった自動車関連の職業のなかで最も平均年収が高かったのは、自動車組立工の533万円だ。

自動車組立工はクルマの製造過程で、エンジン、トランスミッションなどの組み付け作業を行う仕事のこと。平均年収だけでなく、平均賞与(ボーナス)が、表中の他職業のなかでもずば抜けているのも特筆すべきポイントだ。基本的に国家資格の取得なども必要ない。

自動車工場内でクルマを組み立てる『自動車組立工』。自動車関連の職業のなかで賞与の高さも傑出している

続いてはディーラー販売員。こちらはクルマ好きにとっても馴染み深いが、平均年収は493万円。ちなみに30代後半の全職業での平均年収は490万円なので、ちょうどそれと同等といった形。

以下、代表的なところでは自動車整備士が421万円。タクシー運転手は平均年収309万円で、平均年齢も60歳近くとかなり高めだ。

次ページ:国産メーカー別平均年収 トップのトヨタは800万円台