鈴鹿モータースポーツファン感謝デーレポート 星野一義氏、半世紀ぶりの夢叶う

年に1度の鈴鹿モータースポーツファン感謝デー。二輪も四輪も大いに盛り上がるのがこのイベントだ。3月4日(土)〜5日(日)に行われた2017年の”ファン感”で、歴史に残る大きなイベントが実現した。「日本一速い男」が半世紀ぶりの夢を叶えたのだ。メーカーの枠を超えた粋な演出に、多くのファンが胸を打たれた。その様子をレポートしよう。

文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人


“日本一速い男” 星野一義

星野一義氏は四輪レース界、とりわけ日産のレース史を築いてきたスーパースターであることは、きっと多くの読者も知っていることだろう。しかし星野氏が二輪出身という事実はモータースポーツファンでなければ知らないかもしれない。かつてはモトクロスのカワサキワークスチームに在籍し、全日本モトクロス選手権で優勝を飾ったこともある。

そんな星野氏には憧れる2人のプロライダーがいた。それがホンダワークスチームに在籍していた高橋国光氏、北野元氏。あの人と同じ舞台に立ちたい、という思いがずっとあったのだ。後に高橋氏、北野氏が四輪転向後に日産追浜ワークスで大活躍をし、さらにその後、星野氏が日産大森ワークスに参加したことは決して偶然の産物とは思えない。常に憧れを追いかけた結果である。

そんな星野氏の夢、それが「ホンダのワークスマシンに乗りたい」だった。これには大きな障壁もある。前述のように「星野一義=日産」というイメージが強く、決してホンダのマシンに迂闊に乗れる立場ではなかったのだ。しかし2017年3月4日、ホンダと日産の企業を超えた協力もあり、星野氏が半世紀ぶりに夢を叶えることになった。

乗車するマシンはRC166。世界初の6気筒搭載の250ccレーシングバイクで、世界グランプリで圧倒的な強さを誇ったマシン。この伝説の1台に乗れる、レジェンドはいま何を思っているのか。ファン感謝デーに訪れた多くの観客が星野氏の登場を今か今かと待った。

星野一義といえば日産のイメージが強い。ホンダのF1テストドライバーになった過去もあるが、やはり”日本一速い男”は日産での活躍もあってのものだ

レジェンド3人の搭乗を待つマシン。手前からRC166(星野)、RC142(高橋)、RC164(北野)