スバル新型XVがジュネーブで初公開!! 国内予約もスタート

新プラットフォーム採用で生まれ変わったインプレッサ。走りの評価も非常に高いが、そのインプレッサをベースにしたクロスオーバーであるXVがついにジュネーブショーで初登場。新型XVのディテールに迫ります。

文:WEBベストカー編集部/写真:スバル


インプレッサと同一のコンポ−ネント

昨年登場したスバルの新型インプレッサ。新たなプラットフォーム”SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用し、走りの性能をとことん突き詰めたこだわりの1台だ。VWゴルフに迫るともいわれたその質感の高さは、各方面からの評価もすこぶる高い。クロスオーバーモデルであるXVの登場が待たれたいたが、今回のジュネーブでついに初公開となった。

基本的にはインプレッサのコンポーネントを引き継いでいる。パワートレインは1.6L/2.0Lの水平対向NAエンジンで、全車種4WDとなる。XVの特徴的な3つのポイントを紹介しよう。

■悪路走破性能を向上するX-MODEを装備
■アイサイト(ver.3)標準装備
■220mmのロードクリアランス

XVはクロスオーバーSUVとスバルが謳うだけあり、本格的な4WD性能を持ち合わせている。その象徴がフォレスターなどに搭載される「X-MODE」。急な下り坂を低速で下りることができるヒルディセントコントロールなど、多くの本格SUVにも負けない装備になっている。220mmのロードクリアランスなど、ランクルやパジェロにも引けをとらないボディ構成も、オフロード走行で必ず活きてくるはずだ。

またアイサイト全車標準装備はインプレッサと同一で予防安全性能にも抜かりなし。市街地走行の多いクロスオーバーだけに、アイサイトが装備されているメリットはかなり大きいはず。オプションになると敬遠しがちな安全装備だが、インプレッサに引き続きアイサイトを標準装備にしたことはユーザーにとっても嬉しいニュースだ。