【これは珍なり】シュワちゃんはEV推進派!? ゲレンデがフルハイブリッドに大変身

ターミネーターの印象が強いアーノルド・シュワルッツェネッガーさん。カリフォルニア州知事も務めた人気俳優だが実は昔から環境問題には一家言あるタイプ。そんなシュワちゃん、故郷のオーストリアで愛車をEVにコンバートしたそう。その世界初の様子をお届けします。

文:ベストカー編集部/PHOTO:Kreisel
ベストカー2017年3月10日号


人類の最終兵器はエコにも関心あり!?オランダ発、市販型空飛ぶクルマ

超人気映画『ターミネーター』。あのCGでできたメタル調の動きに当時は感動したもの。いま見ると時代を感じさせるのだけれど……。そんな『ターミネーター』といえば、アーノルド・シュワルツェネッガー氏でしょう。シュワルツェネッガーなんて呼ぶのも堅苦しいので”シュワちゃん”と呼びます。

ご存じのとおりボディビルダーとしての過去を持つタフガイなシュワちゃん。実は彼はかなりの乗りもの好き。当初は軍用車だったハンビーを、かっこいいからとハマー(H1)として民生化したのもシュワちゃんだ。さらには兵役時代が懐かしくてM47パットン戦車を自家用で持っているなど、もう筋金入りのマニアだ。そんなシュワちゃん、ガソリン使いまくりの若き時代を反省してか、カリフォルニア州知事時代からエコには積極的。日本向けに「なんでもアリフォルニア」なんてCMを作ってた頃のお話だ。

そんなエコが大好きなシュワちゃん、今度はマイカーもエコ仕様に大変身させた。メルセデスのGクラスをEVにしてしまったというではないか。写真はオーストリアでそのGクラスの受け取りをすませた時のもの。