トヨタミニバン&SUV体験フェア2017 イベントレポート

3月5日(日)に東京お台場のメガウェブで開催されたイベント、「トヨタミニバン&SUV体験フェア2017 〜クルマのカスタマイズを楽しもう〜」。ベストカーと三栄書房のスタイルワゴンがコラボしたこのイベントはかっこいいトヨタのミニバン&SUVのカスタマイズモデルを見て、乗って体感できるイベントだ。そんな熱いイベントの様子をお届け。

文:ベストカーWEB編集部/写真:西尾タクト


最新のカスタマイズで差をつける!!

会場には話題のC-HRをはじめ、カスタマイズベースとして大人気のアルファードなど、魅力溢れるトヨタのミニバン&SUVが大集結。カスタムもメーカーカスタムのG’sはもちろんのこと、老舗のカスタマイズブランドや新進気鋭のブランドがデモカーを展示した。

家族連れの姿も多く、エアロパーツや大径ホイール、はたまた車高調などのパーツに目移りするお父さんたちの姿もとても印象的だった。簡単に当日の展示をふり返る。

■モデリスタ

純正カスタマイズともいえるモデリスタ。C-HRは上品なスタイリングながらしっかりと個性を主張

■WORK(ワーク)

オシャレは足元から。ホイールの老舗も出展。インセットの設定もバッチリだ

■LYZER(ライザー)

ピンクのC-HRは強烈な印象だが、意外や意外、なかなかかっこいい!! LEDルームライトなどを展示

■AVEST(アベスト)

流れるミラーウィンカーなどを出展したAVEST。純正OPが高価なだけに注目度も高い

■CRIMSON(クリムソン)

クリムソンのホイールをインストールしてオフロードテイスト満載のC-HR。スタイルワゴン誌が所有する1台!

■M’z SPEED(エムズスピード)

北米の雰囲気を感じさせるハリアー。エアロも相まって少しワルな感じも絶妙だ

■Grazio(グラージオ)

プリウスのカスタムを出展したGrazio。エコカーのカスタマイズの可能性を示唆

次ページ:見るだけじゃなくて乗れる