【地獄耳スクープ】トヨタの2017年度新モデル概要、ホンダの予防安全技術の拡充、そしてミライースのフルモデルチェンジの情報など

月に200店のディーラーを回る遠藤徹氏。その遠藤氏が足で稼いだディーラーでの最新情報を毎回お届けするのがお馴染みの「地獄耳スクープ」。今回は2017年のトヨタの新モデル情報の流れ、ホンダが予防安全装備を拡充へ、さらにミライースが新型へフルモデルチェンジなどの情報をお届けします。

文:遠藤徹/写真:トヨタ、ホンダ、ダイハツ
ベストカー2017年4月10日号


トヨタが2017年度のニューモデルを販売店に通知

トヨタはこのほど傘下販売店に対して2017年度(2017年4月~2018年3月)に投入する予定のニューモデル、改良モデル(マイナーチェンジなど)についてのあらまし(レクサスを除く)を提示したようです。

それによると上期(4月~9月)は4月~6月がアクア、ハリアー、7月~9月がカムリ、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ランドクルーザープラド、ハイラックス、下期(10月~3月)はアルファード/ヴェルファイアなど、となっています。

マイナーチェンジについては大幅な内外装のデザイン変更、燃費向上、使い勝手の向上、走行性能の向上、安全対策の充実強化による商品力の強化が盛り込まれています。フルモデルチェンジするカムリはこれまでのカローラ店専売から、トヨタ店を除くトヨペット店とネッツ店の3系列店扱いに拡大され、大幅な販売増を目指す戦略モデルとしての位置づけとなります。

2.5Lの全ハイブリッド車態勢は引き継ぎます。同クラスではトヨタ全系列店扱いのSAI、トヨペット店専売のマークXがありますが、この2車は1年後をめどにモデル廃止となります。

ホンダが予防安全装備を拡充へ

ホンダはフィットをはじめとしたシャトル、グレイス、ステップワゴン、ヴェゼルなど年内にマイナーチェンジや一部改良するモデルについて、安全パッケージの「ホンダセンシング」採用モデルを拡大採用します。

登録車でホンダセンシングを装備していないのはフィットだけで、フィットは6月上旬にもマイナーチェンジして装備車を設定します。このほか、シャトル、グレイス、ステップワゴン、ヴェゼルも年内にマイナーチェンジ、一部改良を実施しますが、これらについては一部グレードにしかホンダセンシングが設定されていないため、改良に合わせて装備グレードを大幅に拡大します。

また、軽自動車についても7月上旬に一新する次期型N-BOXを皮切りに2018年以降、順次採用します。ホンダセンシングはミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心快適な運転や事故回避を支援するシステムで、オプション価格は12万円程度に設定しています。これだと軽自動車には価格が高すぎるので6万円程度高に設定し、より簡便な専用ユニットの装着で対応するものと思われるます。

ミライースは「ミライース」のままフルモデルチェンジへ

ダイハツは5月にもミライースをフルモデルチェンジします。これまでの情報では今秋の10月頃と見られていましたが、実際には5カ月程度早めの世代交代となります。

次期型ではミライースとミラを統合し「新型ミラ」とするとの情報もありましたが、今回はイーステクノロジーの進化という意味合いから「ミライース」のフルモデルチェンジとして新型車を投入します。現行型のミラは継続生産され、当面は変更しない見込みです。

新シリーズは基本的にはキープコンセプトで仕立てますが、新開発のプラットフォームによる軽量化、イーステクノロジーのさらなる進化で、同クラストップレベルの低燃費を実現。安全パッケージ「スマートアシストIII」装備車を設定するなどして、商品ラインアップを強化します。今回の世代交代によって、スズキのアルトを販売で一気に抜いて差をつけたい構えです。