ドライブModulo 〜ベストカー×Modulo 体感試乗会〜 レポート

3月20日(月・祝)に鈴鹿サーキット交通教育センターにて行われた、ベストカー×Moduloの「ドライブModulo」。Moduloの開発者をはじめ、Modulo開発アドバイザーの土屋圭市氏、現役GTドライバーの松浦孝亮選手など豪華ゲストも勢揃い。完売御礼の体感試乗会の”アツい”1日をレポート!!

文:WEBベストカー編集部/写真:池之平昌信


Moduloとはなんぞや? 公道、クローズドコースで1日体感

わかっているようで、わかっていない。知っているようで、詳しく知らない。最高の乗り味、そして安定感を誇る”Modulo”のラインアップ。ホンダの純正アクセサリーを作るホンダアクセスがプロデュースする”Modulo”は、高速道路やワインディングロードでも気持ちよく、狙いどおりのラインで安心感を高く感じながら走れる。

コンプリートカーの”ModuloX”が昨年10月にステップワゴンに設定されて以来、実際にスパーダなどの標準車との違いはどんなものか? といったカスタマーが多かったそうだ。そこで今回ベストカープロデュースで、Moduloを丸一日体感していただくイベントを20組限定の予定で募集を開始したものの、好評のため25組に急遽拡大して開催。

土屋圭市さん、松浦孝亮選手、そしてModuloの開発陣も登場したスペシャルイベントだ。会場は三重県の鈴鹿サーキット交通教育センター。晴天の鈴鹿から、熱いイベントの模様をお届けしよう。

右から土屋圭市さん、松浦孝克選手、そして本イベントで初お披露目となった新Moduloスマイルの結城みいさんと、現Moduloスマイルの水村リアさん。Moduloスマイルはかつての1人体制から2人体制に変更され、ファンの皆さんの笑顔も倍増だ!!

公道試乗の助手席はあの人たち

午前のプログラムはModuloXを使った公道試乗。鈴鹿サーキットの周辺をグルッと回る所要時間約15分のコース。下りながらのコーナリング、轍のある国道など、バラエティーに富んだ道がModuloの足回りに挑む。

しかも当日はなんと助手席にその足回りの開発に携わった土屋さん、松浦選手、さらにModuloの足回りを統括しているエンジニアが乗車。あれこれ感じたことを話しながらの15分のドライブで、参加者も得たことが多かったようだ。車内での会話を記録していたのでご紹介しよう。

参加者の男性「なんかしっとりしますね。スポーティだと聞いたんだけど固くない!!」

土屋さん「そう、しっとりするのに固さは要らないんだよね。ひとりで乗るスポーツカーじゃないから」

参加者「フラフラもしないし、これなら安心感も高いです」

土屋さん「いまの段差乗り越えた時の感じ!! わかった? あれがModuloのしっとり感」

参加者「これすごくわかる〜。なんだろう、トントンッて乗り越える。標準車のスパーダより80万円くらい高いんですよね?」

土屋さん「高く感じるかもしれないけれど、アフターパーツで同じクルマを作るなら、その費用は80万円では収まらないよ。ホンダアクセスがメーカーの設備と経験、そして優秀な開発ドライバーをフル活用したから実現できた1台だよ」

ドリキンの隣でドライブなんて……、それだけでも羨ましい。松浦選手や、開発者とのセッションでも継ぎ目を乗り越えた時の質感を伝える参加者が多いこと、多いこと。乗ればわかるその質感、それがModuloXだ。

同乗者も参加可能のこのイベントは家族への説得材料としてもピッタリだったよう。後席の乗り心地もModuloXは優れていたそうだ

バリエーションに富んだ路面で15分間ModuloXを試す。助手席はゲストと開発者。豪華だ!!

次ページ:Moduloを体感する大運動会