あの大統領が語る!? 日本でのアメ車の立ち位置

連日ニュースを賑わせているアメリカのトランプ大統領。クルマ好きにとっては大統領がアメ車が売れない日本に怒っている、なんて話題も気になるところ。左ハンドルしかない、大きすぎる、そんな日本におけるアメ車たちの現状をどう思っているのだろうか。大統領に直撃インタビュー。

文:渡辺陽一郎/写真:西尾タクト
ベストカー2017年4月10日号


なにを語る、大統領

HEY,ジャパニーズピープル! ナイストゥミーチュー! アイ アム ドナルドからの~……ダック!!! HAHAHAHA ノーノーノー ダック、ノーノー アイム・ドナルド・トラ~ンプ!!

テンション上げすぎちょとキツイね~。ここからは通訳を介して喋らせてもらうゼ。ミスター・シンゾーがUSAに来てくれたお礼に、オレもはるばる来たゼ、JAPAN。

ここに来た理由は、ニポンでマイアメリカンカーが売れていないと聞いたからだ。今日乗っているキャデラックはグレート&ワンダフル&ストロングなクルマだ。ATSはベリースモールなセダンだが、ニポンの道にちょうどイイだろう? エスカレードはUSAのグレートさを全身で表現しているSUVだ。俺の心のようにビッグ、ビッグ……

 

─お話中、失礼します。
フフン? フーアーユー?

─ベストカー編集部と申します。
ベストカー? 何の用だ?

─キャデラックいいですね。
オフコース 世界最高のクルマだゼ。

─こんなにいいクルマがなぜ日本で売れないのでしょうか?
ニポンマーケットが不公平だからネ。

─いや、不公平じゃないですよ。輸入車の関税もありませんし、年間5000台以下を対象にした特別取扱制度もあります。実際ヨーロッパ車は売れていて、日本国内の輸入車シェアはどんどん上がっています。
じゃナゼダ?

─単純に商品力の問題ではないかと。
オマエはキャデラックがダメなクルマだと言うのか!?

─いえ、改めて思いましたが、いいクルマです。でも、日本には国産、輸入車を含めてほかにもいいクルマがたくさんあって、そこから消費者に選ばれるのは大変なことです。国籍にかかわらず売れないクルマは必ずあります。
ガッデム。うるさいヤツだ。フェイクニュースばかりのフェイクマガジンのくせに!

─よく言われます。でも大統領、嬉しいです、日本に来てくれて。いかがでしたか、日本で乗るキャデラックは?
グレート!! グレート過ぎて手に余る。

─エスカレードはそうでしょうね。ATSはサイズ的にはいいんですけどね。
ドイツ車みたいだ。レクサスみたいとも言える。

─確かに。私も久しぶりに乗って、すばらしいクルマだと思いましたよ。かっこいいし足もしっかりしているし、高速安定性も最高。
イエス。そうだろう? でも、そういうのを求めるならドイツ車のほうがいいという意見もある。

─大統領、急にマトモなことをいうようになりましたね。あれ? そのメガネは?
このカツラ、ずっとかぶってると頭が痛くなっちゃってさ~。

─あ! 渡辺陽一郎さん!
なーにが「あ!」だよ。凝ったメイクしちゃって。

─お台場ですごい人気でしたね。もう一回だけ”アレ”やってくださいよ
もう、しょうがないなぁ……。メイク・アメリカ・グレート・アゲイン!!

─最高~!
はい、おしまい。帰ろ帰ろ。

クルーザーのような雰囲気のエスカレード。その巨体もさることながら豪快なエンジンフィールなどはまさにアメ車のイメージどおり。力まないクルマ作りは実にアメ車らしいが…

クルマとしての完成度には定評のあるATS。ニュルブルクリンクを走り込んだアメ車は、日本人にはどう映る!?

次ページ:トランプがマジメに語るアメ車評需