近藤真彦監督独占インタビュー 今年のKONDOレーシングの展望とは?

スーパーGT、スーパー耐久などでおなじみのKONDOレーシング。その監督を務めるのが近藤真彦監督だ。今回はWEBベストカーが4月2日(日)のスーパー耐久第1戦(ツインリンクもてぎ)決勝前に、近藤監督に独占インタビュー。今年のハコレースの展望をメインに語ってもらった。

文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人


スーパー耐久、連覇なるか?

昨年スーパー耐久にて監督として初のシリーズチャンピオンに輝いた近藤監督。今年もスーパー耐久が開幕し、今度は追われる身となったKONDOレーシングのスリーボンド日産自動車大学校GT-R。今回は開幕戦ツインリンクもてぎでの決勝開始前に、ベストカーWEBが単独インタビュー。スーパー耐久とスーパーGT、ふたつのハコ車カテゴリーについて、今年の展望を語ってくれた。

 

BC:昨日(4月1日)の予選ではクラス3位となりましたが、決勝での手応えはありますか?

近藤監督:8号車のARNフェラーリがトップ、そして3号車のエンドレスGT-Rが2位でしたね。昨年も最後まで競った3号車は気になりますが、耐久レースなので予選1発の速さはあまり気にしていませんよ。タイミングもあるのでね。

BC 今年のレースへの姿勢でなにかチーム内で意識していることはありますか?

近藤監督:さっきもメカニックやドライバーに言ったんだけど、レースを落とせないよ、ということですね。昨年も3号車が終盤までずっとすぐ後ろを走っていたので、それを考えるととにかく一度もレースを落としたくない、そういう気持ちをチームで共有しています。

BC:戦略的になにか新しい意識はありますか?

近藤監督:レースを落とさないために、勝ちを狙うのは当然ですが、レースで成績を残すという決断もしたい。2位を走っているのに、無理してプッシュをしてリタイアというような、ギャンブルのような作戦はあまり取りたくない。そこは耐久レースならではで、GTやフォーミュラとは違う戦略です。レースも少ないのでなおさらですね。

BC:ライバルも強力な布陣ですね。

近藤監督:ライバル勢はドライバーもマシンもかなり強いですが、うちのチームも表彰台の真ん中が当然の戦力が揃っています。だから1位になった、で喜んでいてはだめ。シリーズチャンピオンを獲ってこそだと思います。

チャンピオンナンバー”1″をつける日産自動車大学校GT-R。当然目標は連覇だ

ドライバー、メカニック、そして日産自動車大学校の学生たちの一体感が、その強さに結びついている

次ページ:スーパーGTでの展望は?