中身は最新、外見はクラシック!? 超弩級チューンドポルシェが登場

クルマ好きなら一度は憧れたことあるのはきっとポルシェだろう。もちろんノーマル状態でもその性能、乗りあじなどの虜になるファンは世界中に多い。しかし、それでは飽きたらないエンスーたちは独自のチューニングをおこなったポルシェをこぞって求めた。その代表格、1987年のRUF CTRが最新の技術で甦った。超弩級の1台を紹介しよう。

文:ベストカーWEB編集部/写真:RUF


930風味の最新ポルシェ

RUF(ルーフ)という名を聞いたことはあるだろうか? ドイツにあるポルシェチューナーの老舗として名を馳せるブランドだ。ノーマルでさえ高性能を誇る911ターボをチューニングし、世界を驚かせたのが”RUF CTR”だ。それが1987年の出来事。

当時最新鋭の930カレラをチューニングし、最高速339.8km/hを記録。その記録もさることながら、おもしろいエピソードがある。それが「自走で最高速テストに来て自走で帰った」というもの。これはサーキットを走り、往復の一般道の快適性も確保するという、現代のスーパースポーツに通じるコンセプトだ。

そんな伝説のRUF CTRが2017年に戻ってきた。しかもカーボンモノコックで車重1200kg。そしてパワーは710ps/880Nmときた。これで遅いワケがない!! 最高速360km/hを目指すというこの1台は、世界中のエンスーからすでに熱視線を注がれている。しかも争奪戦らしい。というのも、世界限定30台なのだ。

ルックスは完全に930ターボの面影を残す。カエル顔は可愛らしくもある

スケッチの状態でも930への強いオマージュが感じられる。こだわりの足回りにも注目だ

次ページ:オーナーになりそうなあの人に聞いてみた