【プリウスPHV公道試乗】標準プリウスより100万円高でも選ぶ価値はあるのか?

EVモードでの走行距離が旧型の2倍超という68.2kmをマークするなど、PHVとしての基本性能が大幅に進化した新型プリウスPHV。しかしながら、価格は普通のプリウスよりも100万円程度高い。はたしてそれだけの魅力が新型PHVにはあるのか? 国沢光宏氏が試乗チェックした。

文:国沢光宏/写真:池之平昌信
ベストカー2017年4月10日号


プリウスPHVの技術ポイントは?

プリウスの数少ない弱点のひとつが「追い越し加速のレスポンス」である。街中走行時、アクセルを踏んだ直後はバッテリーの性能ぶんしかパワーを出せないのだ(エンジンかかってない状態)。現行モデルだとわずか50ps程度だという。これ以上の馬力が必要な時は、エンジンを始動して回転数を上げていかなければならない。なのでフル加速態勢になるまで2秒ほどかかってしまう。

ところがプリウスPHVの場合、大きなバッテリーを搭載しているうえ、アクセル開度が大きい時は走行用モーター+発電機までモーターとして使い、エンジンが停止していても105psを引き出せる。追い越し加速がいいと言われる日産リーフに匹敵するパワーを瞬時に引き出せるのだった。乗るとハッキリわかる! レスポンスのよさをうたうノートe-POWERより一段と気持ちのいい加速であります。

リーフと同じくヒートポンプ式の暖房を採用しているのもすばらしい! ふつうのプリウスだと暖気が吹き出すまで最短5分。充分暖まるまでは、さらにかかってしまう。近距離の移動だと到着したあたりで暖かくなる感じ。ヒートポンプ式なら2~3分で暖かい風が出てくるのだ。ECOカーの多くは冬場寒いけれど、プリウスPHVは短距離の移動だって快適に過ごせる。

デザインはノーマルプリウスよりも圧倒的にかっこいい!

リア周りはバックドアガラスにダブルバブルウィンドウを採用したのがデザイン上の特徴

 

充電&給電機能をどう評価する?

プリウスPHVの充電方法は家庭用100Vと、電気自動車と同じ200V、そして急速充電の3タイプ。推奨は、2時間少々で満充電になる200Vのほうだ。夜間電力なら70円で50kmほど走れる電力を入れられる。ガソリンだと240円かかる距離が70円ということ。私はアウトランダーPHEVに乗っているけれど、電気って安いと思う。

家庭用100Vは満充電まで14時間かかる。加えて夜間電力の契約をしていなければ、電気料金は210円。ガソリンとの価格差は30円しかない。あまり一般的な使い方じゃないかもしれない。急速充電も同じ。有料の充電施設だと1回の充電に300円以上かかり、走れる距離は240円のガソリンよりも少ない。

ここまで読んで「なんのための急速充電機能なの?」と思うだろう。ウワサによれば近々行われるバージョンアップでプリウスPHVから家庭に給電ができるようになるらしい。停電しても家に電力を供給できるということ。停電が許されない生活環境にあるなら、プリウスPHVをプライベートの火力発電所として確保できるだろう。

縦型モニターの11.6インチカーナビを装備(Sを除く)するのもインパネ周りの大きな特徴。後席の広さは足元は広いが、頭上空間にはそれほど余裕はない

 

プリウスと比べて走りはどうなのか?

プリウスとの大きな違いは同等グレード比較で170kg重いこと。結果、絶対的な動力性能を比べてみるとプリウスより悪くなっている。ただ文頭に書いたとおり、エンジン停止時の出力が2倍もあるため、発進加速や街中でのドライバビリティは圧倒的にPHVが優勢。乗っていて楽しさを感じるほど。エンジン音もプリウスより静かだ。

乗り心地についていえば、プリウスよりドッシリしており質感が高い。荒れた路面だってフラットライドなのだ。また、大きなウネリのある路面を通過するとプリウスは減衰力が低いため“アオられる”のだけれど、PHVで同じ場所を走っても気にならない。プリウスの上級モデルという雰囲気に仕上がっている。

重いバッテリーをボディ後部の低い位置に搭載しているためなんだろう。コーナリングはアンダーステアが少なく、しかも踏ん張ってくれる。一般的なガソリン車と、コーナーを得意とする電気自動車の中間くらいの挙動なのだった。パワフルなモーター+エンジンを搭載すればスポーティモデルだって作れそう。GRMNに期待しておく。

 

プリウスPHVの価格に競争力はあるか?

新型プリウスPHVの課題は、売れ筋となるであろう『Sナビパッケージ』で366万6600円という価格だ。ふつうのプリウスが存在しなければ納得できる値段かもしれない。されどプリウスの『S』にソコソコのナビを付けたって260万円。加えてプリウスの売れゆきが伸び悩んでおり、絶賛値引き中。ひと声20万円の三角マークを付けてくれる。

対するPHVは9万6000円の補助金が出るけれど、約100万円も高いのだった。これだけ価格差があると基本的に同じクルマであるがゆえに、割高感が出てしまう。考えてみれば先代プリウスPHVも割高だと言われ売れなかった。ユーザーはこの価格差をどう考えるだろうか? 高いと感じるなら厳しい展開になりそう。

逆にプリウスより圧倒的にカッコいいデザインや、上質な乗り心地、バランスのいいハンドリング、素直なアクセルレスポンスなどを評価してくれれば、面白い存在になってくれることだろう。現時点で予測が難しい。唯一言えるのは「お金持ちならプリウスより絶対PHVを買うべし!」でございます。満足度は高いと思う。

ルーフに量産車としては初めて大型ソーラーパネルを装備(S、Sナビパッケージにオプション設定。28万800円)したのも特徴

 

プリウスPHV S“ナビパッケージ” 主要諸元
■全長×全幅×全高:4656×1760×1470mm/ホイールベース:2700mm/車両重量:1510kg/駆動方式:FF/乗車定員:4名/エンジン種類:1.8L 直列4気筒DOHC+モーター/エンジン最高出力:98ps/5200rpm/エンジン最大トルク:14.5kgm/3600rpm/モーター出力:72ps/16.6kgm、31ps/4.1kgm/燃費:37.2km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:195/65R15(前後)/車両本体価格:366万6600円[税込み]