【国沢光宏が選ぶ】500万円以下で買える輸入車ランキングBEST10(2017年春)

いよいよ新年度がはじまった。新生活にあわせてクルマを検討したいという人も多いことだろう。クルマ好きなら、魅力的な新車の多い輸入車も候補に入れたい。そこでクルマの個性や用途などにあわせて、キラリと光る輸入車10台を国沢光宏氏に選んでもらった。今がチャンスの車種もあるぞ!

文:国沢光宏
ベストカー2017年4月10日号


今おすすめの輸入車はこれ!

現時点でのイチオシといえばボルボV40。このクルマのすばらしさは安全性能だ。優れた認識能力を持つ自動ブレーキやブラインドスポット警報、歩行者エアバッグなど、同じクラスのVWゴルフをまったく寄せ付けないレベルの装備が全グレード標準となる。最近299万円のT2というベーシックグレードを追加し、幅広いラインアップになった。同じボルボのS60/V60も安全装備テンコ盛りでおすすめ!

続いてBMWのX1d。カッコいいボディに、150psを発生する2L、4気筒ディーゼルを搭載する。装備も自動ブレーキなど充実しているうえ、4WDという魅力まで持っている。440万円は納得できるプライスだ。

1.5L、3気筒を搭載する318iも面白い。ややにぎやかなエンジンだけれど、500万円を大きく下回るプライスで3シリーズの新車に乗れるのなら価値があると思う。320dを値引きしてもらうのもいい。

ベンツはC180以上がおすすめ。ベストカーを読むようなクルマ好きならFFのベンツなど絶対推奨しない。定価だとCクラスのベーシックグレードしか買えないものの、ここにきてベンツは絶賛大バーゲンセール中。500万円以下の予算で安全装備満載のC220dが買える可能性大だ。ディーゼルエンジンはもちろん、高い性能を備える自動ブレーキもCクラスの大きなセールスポイント。ベンツを買うなら今が好機だと思う。

スポーツモデルを考えているなら迷うことなく273psを発生させるメガーヌR.S.でしょう。あっという間に売り切れたシビックタイプRより、すべての条件でメガーヌR.S.はコントローラブルだし速い! レカロのシートやブレンボ製ブレーキ、ホイールに至るまで、すべての部品が世界の一流品。なのに、400万円を切っているのだから素敵です。日本車よりコスパは高いと考える。日産のディーラーで売ればいいのに。

実用性を求めるならVWパサートだ。主力のゴルフはボルボV40と比べ「事故を起こさない性能」で完全に2世代くらい遅れを取ってしまっているだけでなく、DSGの耐久性&信頼性だって不安だ。新しい世代のパサートなら大幅に改善されていると思う。何よりキャビンスペースのわりにお買い得なプライスがいい。ステーションワゴンボディを選ぶと、大きな道具を使う人にとっては、心強い相棒になってくれることだろう。値引きも期待できる。

続く3車種はジャンル違い。個性的なセダンに乗りたければジャガーXEなどいかがだろうか。ベーシックモデルなら500万円で予算内。本格的な性能を持つクロカンに興味ある人は、やっぱり本家ジープのラングラーでしょう! ナニを隠そう私も一度付き合いたいと思っている。最後にプジョー508。ディーゼルエンジン搭載のGTは気持ちいい走りで燃費も良好だ。これまた私のショッピングリストに載っているクルマです。

■500万円以下で買える輸入車BEST10

1位 ボルボV40
2位 BMW X1 ディーゼル
3位 メルセデスベンツC180
4位 ボルボS60/V60
5位 BMW 318i
6位 ルノー メガーヌR.S.
7位 VWパサート1400
8位 ジャガーXE
9位 JEEPラングラー
10位 プジョー508

 

■1位 ボルボV40
299万~459万円

先進的な安全性能を全グレードへ標準装備。納得の1位

 

■2位 BMW X1 ディーゼル
440万~486万円

今、旬のカテゴリーとなる輸入車コンパクトSUVの雄

 

■3位 ベンツC180
436万~486万円

やはりベンツを買うならこのC180以上のFRモデルか

 

■4位 ボルボS60/V60
299万~459万円

トップのV40に並んで安全装備はクラス随一のレベル

 

■5位 BMW 318i
409万~489万円

昨年追加された直3、1.5Lターボ搭載のBMW318i