【スーパーGT】開幕戦はレクサスが1-6位独占。決勝で展開された2つの大迫力バトル

予想以上の完勝劇……。2017年のスーパーGT開幕戦は4月9日、岡山国際サーキットで決勝が行われ、GT500クラスはKeePer Tom’s LC500が優勝。レクサスLC500は1〜6位まで独占する圧倒的な強さでデビュー戦を飾った。

文:編集部/写真:TOYOTA、HONDA、NISMO


予選から波乱。チャンピオンチームが1回目で脱落

車両の規則が変わり、レクサスが新車LC500を投入するなど、新時代に突入したスーパーGT GT500クラスの今シーズンは、予選から波乱が待ち受けていた。

予選は全15台がタイムを競う1回目(Q1)と、1回目の上位8チームで争われる2回目(Q2)の計2回、ノックアウト方式で行われる。

その予選1回目、Q1でなんと日産GT-R勢は全4チームが脱落。2014〜2015年チャンピオンのNISMO、モチュールオーテックGT-Rもここで脱落となった。

松田次生&ロニー・クインタレッリの熟成されたチャンピオンコンビで戦った開幕戦。NISMOはまさかの予選1回目でノックアウトとなった

また、最速のレクサス勢にも波乱。こちらも昨年のチャンピオンチームであるチーム・サードのデンソーコベルコサードLC500が9位でQ2進出ならず。

そして、続く予選2回目でも波乱は続き、2度の赤旗中断で最後はアタックが行えず、そのまま予選終了。

その時点でトップタイムを刻んでいたARTA NSX−GTがポールポジションを奪取し、2位以下はWAKO’S 4CR LC500、KeePer TOM’S LC500とレクサス勢が続く形となった。

終了間際に起きた2度目の赤旗中断で、予選2回目は終了。野尻智紀/小林崇志のARTA NSX-GTが決勝レースをトップから戦う

次ページ:【動画あり】決勝、上位争いを左右したベストバトル