人馬一体を叩き込め!? 雑誌編集者マツダ体感取材会

SKYACTIVの登場ですっかりイメージの変わったマツダ。元々ロータリーエンジンなど独自技術の採用でファンが多かったが、最近ではそのデザイン、そして「人馬一体」へのこだわりで多くの新規ユーザーを獲得している。そんなマツダが自動車誌の編集者を集め、マツダを体感する2日間のツアーを開催。「マツダイズム」の継承者になれるか、ベストカーWEBが参加した。

文:ベストカーWEB編集部/写真:マツダ


広島の地で学ぶマツダの「イロハ」

2016年にマツダは国内向けの生産台数が2位を記録した。いままでマツダというと少しクルマにこだわりがある層が選ぶクルマだったが、そのイメージが薄れ現在では「SKYACTIV」のマツダになったと言っても過言ではない。

そんなマツダの本社がある広島に到着。本社に入りゲートを抜けると、ここからはいっさいの撮影は禁止。そこら中に擬装を施したテストカーや、見慣れぬ部品を付けたクルマたちが走っている。車窓からあれこれ妄想を繰り広げているとある建物に到着。趣のあるその建物の会議室で講座が開かれた。

マツダの歴史の解説が始まった。2020年で100周年を迎えるマツダだが、はじまりは東洋コルク工業というコルク製造の会社だった。そのコルク工場が全焼し自動車会社としての道が始まったこと、広島への原爆投下、戦後の復興、ロータリーエンジンの開発、リーマンショックで多くの仲間を失ったこと……。ドラマになりそうなその歴史の重みに感銘を受ける。

続いては工場見学。マツダの国内生産拠点は本社工場と防府工場がメインだが、今回は本社工場を見学。国内向けのラインアップはもちろん、海外向けのCX-9、そしてフィアット124スパイダーなどの車種もラインを流れる。そんな生産ユニットでの工夫もすごいので紹介しよう。

「お客様の利益にならない無駄は省く」という考えから、生産ラインでは徹底的に無駄を排除している。たとえばビスを2本取る工程。そこで大きな箱の中から2本だけビスを取るのは無駄と考え、電動ドライバーを台に置くとテコの原理でマグネットが2本だけビスを拾う(写真参照)。

電気も使っていない設備だが、すべてラインの担当者のアイデアだというから驚きだ。このような改善活動は複数にもおよび、自動搬送ロボットなどもプログラミングを社内で行うなど徹底した経費削減と、効率化が行われている。

右手前の電動ドライバーを台座に置くと、左上のマグネットがついたアームが2本だけビスをつかむ。電気も使わないエコな工夫だ

ドアストライカーの立て付け調整を受けるCX-9。すべて手作業で一見すると無駄にも思える。しかし「お客様の利益になる部分は省略しない」というコンセプトで、今でも人間の手による作業が守られる

次ページ:美祢試験場で学ぶ”人馬一体”