【横浜環状北西線】東名と第三京浜を結ぶ、重量2300tの巨大トンネルマシン掘削現場に突入

いままさに東京五輪開催の2020年に向けて、ひとつのトンネルが動き出した。3月27日、東名・青葉ICと第三京浜・横浜港北ICを結ぶ「横浜環状北西線」のトンネルを掘り進めるシールドマシンが発進した。

新たな道ができるその現場は、どのようになっているのか? 掘削現場を訪れた。

文:編集部/写真:西尾タクト


大きな開通効果が見込まれる横浜環状北西線

【図1】北西線開通後の東名・大黒ふ頭間の所要時間比較

3月に首都高横浜北線が開通した。この北線は、首都高横羽線の生麦JCTから第三京浜の横浜港北ICを結ぶ路線だ。

■首都高横浜北線開通 第三京浜と横羽線直通は序章

そして、この北線の開通効果をさらに大きくさせると期待されているのが、横浜環状北西線なのだ。

北西線は、横浜港北ICから東名高速の横浜青葉IC間を結ぶ約7.1kmの路線。東京五輪が開催される2020年に開通予定で、【図1】のように、これまで東名から大黒ふ頭に向かおうとすると、渋滞が頻発する保土ヶ谷バイパスを通らなくてはならなかった。

それが、北西線から北線を経由できることになり、所要時間も概ね30分程度短縮。さらには交通の分散効果も期待できるのだ。

計画公表から約12年。ついに建設が始まる

このように大きな開通効果が見込まれる北西線の概略計画が公表されたのは2005年8月。

その後、2011年に都市計画が決定し、翌2012年に都市計画の事業認可、そして沿線住民などへの説明会を経て、ようやく2017年3月にトンネルの掘削まで漕ぎ着けたのだ。

3月27日に行われたシールドマシン発進式の様子

次ページ:いよいよ巨大シールドマシンが鎮座する現場へ突入