21年ぶりフルチェンジ! 新型「スーパーグレート」試乗会レポート

ディーゼルトラックの新しい排出ガス規制に合わせ、三菱ふそうは大型トラックのスーパーグレートをフルモデルチェンジする。5月の正式発表を前にして、栃木県にある同社の喜連川テストコースで、実験車両による事前試乗会が実施された。実際に新型スーパーグレートのステアリングを握り、いくつものセクションで走らせてみると……。そのフットワークの軽さと数々の最新電子装備に驚いた!


文・写真:バスマガジン編集部


ポスト・ポスト新長期排出ガス規制対策として新型車を開発

車両総重量(GVW)が3.5tを超えるディーゼル重量車(トラック・バス)の排出ガス規制が強化される。いわゆる「ポスト・ポスト新長期規制」と呼ばれるもので、NOx排出基準を現行の「ポスト新長期」に比べ約40%削減する規制強化だ。新型車の場合の適用開始時期は、GVW 7.5t以上の大型トラック(バス)が2016年10月1日、GVW 3.5~7.5tの小・中型トラック(バス)が2018年10月1日、継続生産車はそれぞれ1年遅れと決められている。つまり、大型トラックの現行モデルは今年10月以降に販売される新車から新基準適用となるため、大型車メーカーの各社から相次いで新基準適合車の発表が予定されている。

その先陣を切って新型車をアナウンスしたのがスーパーグレートだ。新しい排ガス規制への対応として、三菱ふそうは大型トラックのフルモデルチェンジに踏み切った。現行モデルの登場が1996年だから21年ぶりのニューモデルだ。正式発表は5月中旬であり、それに先立ちホームページで新型車のイメージ画像を公開するティザーキャンペーンを展開したのに続いて、ダウンサイジングエンジンや新開発AMTといった最新技術を順次発表している。

そして、いよいよ実車の試乗会である。喜連川に姿を現したのは、カムフラージュ柄を身にまとった新型スーパーグレートの実験車だった。2014年に開発をスタートさせ、テストコースでの実験走行はもとより、日本国内および高低差の大きい南アフリカなどで合計500万kmにもおよぶパワートレーンや冷却系の耐久テスト走行を繰り返したという。その車両が試乗会に運び込まれたのである。

迷彩柄で登場したのは国内外で500万kmもの耐久走行を行った実験車。ブレーキペダル解放後、数秒間は制動力を保持するヒルホルダー機能が新設定され、勾配のあるステージではクリープ機能を利用した容易な坂道発進も体験した

注目の省燃費&軽量化エンジン

新型スーパーグレートでまず注目されるのはダウンサイジングされた新エンジンだろう。現行車は排気量12.8Lの6R10型を搭載しているが、新型は新開発の10.7Lの6R20型と7.7Lの6S10型の2機種がラインアップされる。いずれも、すでにヨーロッパで販売しているメルセデスベンツ製エンジンのプラットフォームをベースとして日本市場向けに開発されたもので、6R20型には最適化されたアシンメトリックターボ、6S10型は2ステージターボとの組み合わせにより、小排気量ながら大型トラックとして充分なパワー&トルクを実現している。

この新エンジンの最大のポイントは「軽量化」である。現行型スーパーグレートは燃費性能には定評があるものの、車両重量でライバル車にやや遅れを取っていたのは否めないところ。車両が重くなれば相対的に積載量が少なくなるわけで、ダウンサイジングエンジンは最重要テーマでもあったのだ。新型車は、エンジンで最大540kg軽量化、さらにミッションやボディを合わせて最大815kgの軽量化を実現している。また、新開発ミッションなどの効果も加わり、燃費は5~15%向上したという。

なんと全車AMTを搭載! MTは消滅する!!

新エンジン以上に驚いたのがミッションだ。すべての車型に2ペダルのAMTが搭載される。MTは設定さえない。三菱ふそうは、大型路線バスで全車AT化という思い切ったラインアップを展開しており、それに続く大胆な2ペダル戦略といえるだろう。大型トラック、バス業界は構造的なドライバー不足に悩まされており、その対策としてMTに比べて運転操作が容易で安全性も高く、ドライバーの技量による実燃費の差がでにくい2ペダルの導入は時代の趨勢とも言われている。ただ、MTに”誇り”を持っているベテランドライバーも多く、また事業者サイドでのMTの”燃費性能神話”も根強い。スーパーグレートの全車2ペダル採用ははたして業界でどう評価されるだろうか。

 

次ページ:大型トラックなのに乗用車ライク