ベンツ 直6エンジン復活 なぜV6から回帰?

ベンツが直6を復活させるとはいえ、やっぱり6気筒エンジンの主流はV6だ。では、現実的にみて直6にはどんなメリット・デメリットがあるのか? 国沢光宏氏が解説する。

理論上は完全バランスもFFには不向き

エンジンにおける最大の課題は「振動」である。振動が出ると不快なだけでなく、ボルトやナットの緩みや、ボディの金属疲労など出てしまう。

エンジンの歴史=振動を減らす歴史と言い換えてもいいほどだ。

そんななか、理論上まったく振動を出さない完全バランスのエンジンがある。そいつが直列6気筒だ。ピストンの上下によって発生する振動+爆発による振動を打ち消してくれるため、モーターのような回転フィールが実現可能。

実際は長いクランクシャフトがねじれたり、気筒ごとの重量差など出てしまい振動ゼロにならないものの(日産のL型やトヨタのG型も高回転域で微振動出た)、高い工作精度と優れた材料を使うことによりすばらしいエンジンになる。

弱点は前後方向に長く、FFで横置きしようとすれば難しい(ボルボなど無理して積んだクルマもある)。

また、硬いエンジンは衝突時に潰れにくいため、安全性でも不利。

【国沢光宏】

日産最後の直6エンジン搭載モデルとなったR34型スカイライン。今や国産に直6エンジンは存在しないが、それはデメリットもあるから。国産の直6は今後登場するか!?