頑丈すぎるトヨタ車を爆破してみた? 英国『トップギア』の超絶動画5選

日本で一番売れている自動車雑誌はまちがいなく「ベストカー」だけれど、世界で一番有名な自動車媒体といえばきっと「Top Gear (トップギア)」だろう。ベストカー編集部にも隠れファンが多いこの「トップギア」。有料放送以外でもいまはYouTubeでダイジェストが見れる。ベストカーWEB編集部が選んだ5本の「見ておくべきTop Gear動画」を紹介しよう!!

文:ベストカーWEB編集部/イメージ写真:小宮岩男


Top Gearとはいかなるメディアか?

Top Gear (トップギア)とはいかなるものか? 紙媒体もあるのだが、有名なのはBBCのテレビ番組であろう。世界でもっとも有名なクルマ番組出演者となった3人組である、ジェレミー・クラークソン、ジェームス・メイ、リチャード・ハモンドのトリオで世界を虜にした。

時には過激すぎて番組の存続が危惧されるなど話題を呼ぶ番組だったが、その歯に衣着せぬ評論(「乗っているが恥ずかしくて素顔で運転できない車」ということでスーパーマーケットの袋をかぶって試乗したりする)は大変な人気があったのも事実。それを国営放送のBBCでやるのだから、イギリスという国はすごい。

最初に紹介する動画は日本のカーマニアたちが気になったであろう、日産GT-Rがトップギアでデビューした回。しかもあのハイパワー原理主義者ともいえるジェレミーが、富士スピードウェイでインプレッションをした。

「このクルマは直線の最高速だけにこだわったわけではない」、というコメントにハイパワー大好きなジェレミーの考察眼が冴え渡る。またコーナリングスピードに対応するためにリムにローレット加工が施され、タイヤが外れなくなっている、なんて細かな解説も派手さのなかにマジメさを持つジェレミーらしさかも。

すっかりジェレミーの解説になってしまったが、さっそくエピソード11(第5話)から日産GT-Rのインプレッションをご覧いただこう。

最後のなんでも大げさな日本のサービスを揶揄するような描写もあるが、ここらへんがトップギアらしさな気もする。

次ページ:映像美に感動する2本