ロールスロイス謹製 ペダルカーの半分は優しさでできている

ペダルカーを開発する輸入車メーカーは、ロールス・ロイスやアウディ以外にもランドローバーなど数多い。

でも、世界広しといえど、赤ちゃんが使う“あの乗りもの”を開発した自動車メーカーは、これから紹介するメーカー以外にないだろう。

そのメーカーとはアメリカのフォードだ。同社が開発したのは、赤ちゃん用のゆりかごだ。

車の乗り心地と音で安眠間違いなし!?

このゆりかご、名前は「マックス・モーター・ドリーム」というのだが、単にフォードのロゴがあしらわれているだけではない。

木目部分にフォードのロゴをあしらったスペシャルゆりかご「マックス・モーター・ドリーム」

赤ちゃんの下のスピーカーからは、エンジン音が流れ、台の部分がゆっくり左右に揺れる。まさしく車の乗り心地を再現しているのだ。

車に乗ると寝付きがよくなる赤ちゃんも多いと言われるだけに、小さなお子さんを持つファミリーには、うってつけの“1台”かもしれない。

「マックス・モーター・ドリーム」は市販化の予定はなかったものの、反響の大きさから量産化も検討されているという。

 

ロールス・ロイスのペダルカーも、このフォードのゆりかごも、その半分……いや、それ以上の部分が、“優しさ”でできているのかもしれない。