現行シビックタイプRはシビックに非ず!? オーナーが語る「○と×」

昨年750台限定で発売されたシビックタイプR(FK2)。ベストカー本誌の企画で応募したところ、当選を果たしたBC編集部の塩川。当選したからには買わなきゃならぬ、ということでさっそく購入することに。愛車のBNR32を手放してまで買ったFK2、その評価はいかに!? 買ったからには好き勝手言わせていただきます!!

文:ベストカーWEB編集部/写真:平野学、池之平昌信


「シビックはこうあるべきだ」

タイプRはシビック、インテグラ、そしてNSXのみに設定された超硬派モデルだ。買ったらそのままサーキットを走れるような足回り、そしてVTECエンジンの甲高いサウンドと高揚感あふれる加速感。タイプRというクルマは凄まじい魔力を持っている。

そんなシビックタイプRの血統はセダンとなったFD2型の生産終了で2010年に一度途絶えた。しかし2016年、シビックタイプRは思わぬ形で日本に戻ってきた。それがイギリス生産のFK2型。当時のニュルブルクリンクFF市販車最速を達成した、世界に進出した初のシビックタイプRだ。

ニュルブルクリンクFF最速。その目的達成のためにホンダが選んだパワーユニットはターボ付きの4気筒だった。「VTECはNAでなければならない」。そんな不文律があるのはご存じのとおり。それはGT-Rは直6であるべき、といった感情とも似ている。なんせ塩川、BNR32を所有していたからその気持ちはとってもわかる。R35が出たときもその絶対的性能は認めつつも、どうも心情的に「腑に落ちない感じ」が合ったのもひとりのオーナーとしての心情だった。

ところが仕事柄、日本での市販前にFK2を試す機会に何度か恵まれたことで、そんな不文律を覆すことになる。ワインディング、高速道路などひととおりシビックタイプRを堪能したのだが、この時にすでにターボのタイプRの魔力にやられていたようだ。

その後、編集部の企画で応募したところ当選して購入したわけだが、1年乗ってみたらさまざまな「○と×」が出てきた。今回はそんな現行型シビックタイプRの「○と×」をお届けしよう。

黒と白のコントラストでこれまでのシビックとは違う印象を受けるFK2

大型のリアスポイラー、そしてフロントフェンダーのふくらみなど、空力への新たなアプローチが見られる

次ページ:FK2の3つの「○」とは?