アウディQ2殴り込みデビュー、小型SUV市場が大激戦区に

日本市場が火を付け、気づけば世界的な大激戦区となっているコンパクトSUVカテゴリー。今や猫も杓子も「SUVを作れば売れる」とラインアップを用意している時代となった。そんな激戦区に乗り込んできたのがアウディ。満を持して日本市場に「Q2」を送り込んできた。その実力やいかに? 車の紹介だけでなく、どんなポジションに位置づけられるかも紹介します。

文:Web編集部 写真:アウディほか公式写真


アウディQ2、輸入コンパクトSUVの本命として登場

アウディジャパンは、現在のアウディのラインアップのなかで最もコンパクトなSUVである「Q2」を4月26日に発表した。6月中旬より順次発売となる。

どれくらいコンパクトかといえば、全長4200㎜×全幅1795㎜×全幅1530㎜。この数字だけではピンとこない人も多いだろうから比較車種を出すと、売れまくっている(フィットベースの)ホンダ・ヴェゼルやそのライバルである日産・ジューク、納車7カ月待ちと大人気のトヨタ・C-HRとほぼ同サイズとなる。

つまり、小さい。とても小さい。

日本市場に導入するモデルは1L、直列3気筒ターボ搭載車と、1.4L、直列4気筒ターボ搭載車。どちらもアウディ自慢のTFSI(過給器付き直噴ガソリン)ユニットで、これに7速Sトロニックが組み合わされる。全モデルにスタートストップシステムとエネルギー回生システムが搭載され、キビキビとした走りと省燃費性能が期待でき、価格は299万円〜405万円。

アウディ車としてはバーゲンプライスといえそう。

アウディによれば、このQ2は「SUVとスポーティカーの持ち味を融合したクルマです。乗り降りがしやすく視界も良好。その一方で、前席にはスポーティなシートポジションを設定し、クーペのような傾斜したルーフラインを持つにもかかわらず、後席の乗員にも十分なヘッドルームとレッグルームを確保しました」とのこと。

なかなかすごい自信だが、実物を見た編集部員も「本当にそうなんです。売れますよこれ」と太鼓判。

欧州では昨年秋より販売が開始されており、ドイツデザイン評議会が主催する「ドイツブランドコンテスト」の大賞を授与され、専門誌の読者投票と専門家の審査によって選ばれる「2016ゴールデンステアリングホイール」(コンパクトSUVカテゴリー)などを受賞。さらに昨年秋に実施されたユーロNCAPの衝突安全テストでも5つ星の最高評価を獲得している。

いやはや、コンパクトSUV市場に旋風を巻き起こしそうなニューモデルが乗り込んできた。

次ページ:アウディQ2はライバル不在?