【F1】最速は1秒台!! ピットストップ はなぜ速くなったのか

現代F1のピットストップに何秒かかるかご存じだろうか。なんとその最速記録は1.92秒! 約30年前は、少なくとも5秒以上かかっていたことを考えると、とんでもなく速い。まずはウィリアムズが2016年に記録したその驚速ピットストップをご覧いただきたい。

プロ野球の投手がクイックモーションで投球して捕手のミットに球が収まるまでの時間が1秒台といわれているので、もはやそれとほぼ同等の速さである。なぜ、これほどまでにF1のピット作業が高速化したのか? 津川哲夫氏がその秘密を解説する。

文:津川哲夫/写真:Getty images/Red Bull Content Pool,Ferrari,Daimler


1/100秒を争うF1で大きな鍵握るピット作業

今シーズンF1は見応えのあるレースが展開されている。序盤・中盤での順位争いのバトルは手に汗握るドッグファイトが、そして終盤にはレース作戦の違いで起こる100分の1秒を攻める追い上げ劇が観る者に固唾を飲ませる。

もちろんドライバーの能力はドライビングだけでなく、燃料もタイヤも周囲の状況も把握して、自分に有利なレースを展開する力も必要なのだ。とはいえドライバーやマシンだけでレースは成り立っているわけじゃない。

タイヤ交換のピットストップは今や極めて重要なレースの一部なのだ。

実際、ドライバーが頑張り、ライバルとの差をつけるのはラップ毎に0.01秒単位。極めて大きくても0.1秒単位がやっとなのが、今のF1の凄まじいレベルなのだ。

ところがピットストップで僅かにミスを犯せば、それだけで0.1秒単位どころか1秒単位で時間を失ってしまう。したがってピットストップは実にシビアなレースそのものというわけだ。

超一流のドライバーが競えば、コース上では0.1秒削るのも至難の業。それだけに、その“0.1秒”を削るチャンスがあるピット作業は、ハイレベルな進化を遂げているのだ

次ページ:ピットストップ高速化のきっかけは“ある作業”の廃止