純ガソリンエンジン車No.1決定戦(ベストofベスト編)

前回の記事「カテゴリー別のベストエンジン」を選出した本誌。ここではそこで選出されたクラスも排気量も違う5機種のエンジンから「ベストofベスト」を選ぶという、やや無茶な企画を強引に実行したい。これが日本のベストエンジンだ! ガソリンエンジン万歳! 内燃機関万歳!

文:鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎
ベストカー2017年3月10日号


※本記事は、前回の記事で「スポーツ系NAエンジン部門=ロードスターの1.5L」、「3&4気筒NAエンジン部門=インプレッサの2L」、「6気筒以上NAエンジン部門=レクサスLS460の4.6」、「ターボ&スーパーチャージャー部門=ステップワゴンの1.5LターボとWRX S4やレヴォーグの2Lターボ」が勝ち抜いており、以下、決勝では「この5種類のエンジンのなかから最も優れたエンジンはどれですか?」という聞き方をしております。選出方法が気になる方は前回の記事をご参照ください。

200万円台で買える珠玉のエンジン

TEXT/鈴木直也

これはもう圧倒的にロードスターの積む1.5L,DOHC、P5-VP型が、ボクが自信を持って国産車のベストエンジンだとオススメできる。131ps/15.3kgmとスペック的には目を見張るものじゃないけど、とにかく気持ちのいいエンジンに仕上がっている。
極めてオーソドックスなNAエンジンなんだけど、既存の技術を丁寧にブラッシュアップし、非常に扱いやすくてかつスポーティな乗り味にしている〝こだわり〟は、クルマ好きの琴線に触れるもの。ドライバーの操作に忠実なリニアリティな吹き上がりとレスポンスは、200万円台で買うことができるモデルとしては珠玉のエンジンだと言っても過言ではない。
先代スイフトスポーツ(1.6L,DOHC、136ps)もそうだったけど、スポーツDOHCとしてはリッター100ps以上を達成している86/BRZのFA20エンジンのようなパワーはない。でも、実際に乗ってみるとハンドリングは素直でスポーティだし、P5-VP型というエンジンがファンな操縦性を持つロードスターのキャラクターを決定づけている。
欲を言えば、このエンジンをデミオ15MBにも積んでほしい。15MBに積まれる1.5L,DOHCはアクセラのものと同じフツーの1.5Lだから、ロードスターと同じチューニングのエンジンを15MBのよりスポーティなグレードとして選択できればベターなんだけど。
インプレッサの2L水平対向DOHC、FB20型は3〜4気筒のカテゴリーで選ぶと図抜けていたけど、総当たり戦で選ぶまでの魅力には欠けているというのがボクの評価。開発エンジニアによれば、「燃費よりも大事なことがありますよね」とのことだったけど、このご時世でそれはちょっとね。

鈴木直也氏が選んだベストエンジンはロードスターの1.5L、P5-VP型DOHC。スペック的には飛び抜けていないが、バランスに優れる

スバルの2Lしかない!

TEXT/国沢光宏

WRX S4の積む2L直噴ターボ、FA20型の一択しかないでしょう!
S4のFA20ターボ、300ps/40.8kgmというスペックは、世界的に見ても誇れるレベルに仕上がっていると思う。今、世界の潮流は直噴ターボだけど、現状の国産エンジンで世界に伍しているのはこれだけしかないからね。実際に乗ってみても下からトルクが出ているし、今回のタイラリーのステージでも220km/hで走れたくらい。
今後、FA20ターボは熟成次第でEJ20のように成長していく可能性だってある。EJ20は初代レガシィRSで220ps/27.5kgmだったのが、現行WRX STIでは313ps/43.0kgmにまで向上しているんだし。
いっぽうで、インプレッサのFB20型は、スポーツDOHCとして86/BRZのFA20型がお手本としてあるんだから、もうちょっとキャラクターづけができていてもよかったかもしれない。

国沢氏はWRX S4などの積むFA20型ターボがイチオシ。競技で使っているだけに説得力あり

最終的な決着は「乗って楽しいのは」

TEXT/渡辺陽一郎

まず、5つのエンジンのなかから残るのはふたつ。いずれもスバルの水平対向で、ひとつがインプレッサの2L、もうひとつがレヴォーグなどの2L直噴ターボだ。ベストがどちらかといえば、これはけっこう悩む選択となる。
まず、インプレッサのFB20型は新開発になり、150psだった旧型の2.0i-Sアイサイト(4WD)のJC08モード燃費が16.2km/Lだったのに対し、現行型2.0i-Lアイサイト(4WD)では16.8km/L、エンジンパワーは154psに向上させている。先代型に比べてフレキシブルで使いやすく、品行方正なバランスのよさが光る。
いっぽう、FA20ターボは4L,NAなみの実用域トルクの太さ、吹き上がり、さらにターボエンジン特有の癖がないことなど、乗って楽しいエンジンに仕上がっている。コストパフォーマンス的にも充分満足できる。
最終的には〝乗って楽しい〟という観点で決着をつけるとなると、やはりFA20ターボが一歩も二歩も上を行っている。今回の企画の趣旨からすると、ナンバーワンにふさわしいエンジンはこちらになるだろう。
ロードスターの1.5Lエンジンは、使い切れるパワーという意味では面白さもあるが、日本のガソリンエンジンナンバーワンかと言われれば正直、そこまでの域には達していないかと。

渡辺氏もFA20型ターボをナンバーワンに推している。SUVのフォレスターも搭載する

結果発表

最終結果は、WRX S4の2L,FA20ターボを選んだ国沢氏と渡辺氏、ロードスターの1.5L,P5-VPを選んだ鈴木氏となり、計2対1。わかりやすい形で、スバルのFA20ターボが現在の国産純ガソリンエンジン車ナンバーワンとなった。
その決め手となったのは、FA20ターボの実用域での太いトルクとシャープな吹き上がりのパワー感、そして意外にも思える燃費のよさだろう。国沢氏と渡辺氏がともに指摘するのは、「世界で戦えるレベルにある〝楽しい〟ガソリンエンジンが現行ラインアップではこれしかない」ということだ。
現在、このエンジンを積んでいるのはWRX S4とレヴォーグ、そしてフォレスターだが、同じ2L直噴ターボでもレクサスIS200tやクラウンアスリートG-Tなどの積む8R-FTSとはパワー感がまったく違う。こちらはスペック的には245㎰/35.7kgm(クラウンは235ps)と、このエンジンは従来型v6、2.5L,DOHCの置換エンジンとしての位置づけになっている。
また、同じ水平対向2Lターボでも設計年次が古いEJ20型になると、JC08モード燃費が9.4㎞/Lと、FA20型の13.2km/Lに比べてかなり落ちてしまう。そうなると総合的な評価が落ちてしまうのは致し方ないところ。
ほかのカテゴリーではロードスターの1.5L、インプレッサの2L、レクサスLS460の4.6L、そしてステップワゴンの1.5Lターボが総当たり戦には残ったものの、FA20型ほどのアピールポイントには欠けていたということだろう。

今回の企画で純ガソリンエンジン「ベストofベスト」に輝いたのは、WRX S4、レヴォーグに搭載されるFA20型2ℓ直噴ターボ。ダウンサイズを狙ったものではなく300㎰/40.8㎏mのハイパワーを誇る

当企画の実質的な予選にあたる、「カテゴリー別 純ガソリンエンジンNo.1決定戦」の記事はこちら

次ページ:番外編として、3気筒&軽自動車のベストも選出してみた