「花」より「団子」をとった新型ミライースの登場

2017年5月9日、ダイハツが新型ミライースを発売した。先代から6年半ぶりのフルモデルチェンジであり、登場以来「第三のエコカー」として日本の省燃費車業界を引っ張ってきた同モデルの新型とあって、「今度のミライースのJC08モード燃費はいったいどれくらいなんだ」と燃費値に注目が集まったが、意外やその数値は35.2km/Lと、優れてはいるもののライバルには及んでおらず。なぜ? 何があった? そこにはダイハツ開発陣の「狙い」があった。
文:ベストカー編集部 写真:ダイハツ工業
ベストカー2017年6月10日号


ミライースとアルトの仁義なき燃費戦争

年々派手に、高価になるいっぽうの軽自動車だが、ミライースは昔ながらのベーシック軽の本質を追求してきた。2011年に登場した初代は「イーステクノロジー」を搭載し、ガソリンエンジン車として初めてJC08モードで30.0㎞/Lをマークするなど、燃費性能に特化したクルマだった。

当時、スズキアルトとの燃費争いはすさまじく、発売後も0.2㎞/L刻みの攻防を展開。最終的にミライースは35.2㎞/Lまでカタログ燃費を伸ばし、35.0㎞/Lの旧型アルトをうっちゃった。

しかし、負けたまま黙っていないのがスズキだ。2014年12月にフルモデルチェンジしたアルトは60㎏の軽量化を果たし、なんとJC08モード燃費37.0㎞/Lを表示して当時のミライースを一蹴。しかも燃費計測の不正が発覚して国交省が再試験したところ、届出値よりもさらに数値のよい「38.3㎞/Lでした」というオチまでついた。

なぜ冒頭からこんな話をしているのかというと、「今度の新型ミライースも、フルモデルチェンジで再びアルトを抜く」と多くの業界人は信じて疑っていなかったからだ。「JC08モードは40.0㎞/Lまでいくのでは?」という噂もあり、本誌でもその予想を報じてきた。でも、読者の皆さんごめんなさい。新型ミライースのJC08モードは最もいいグレードでも35.32㎞/Lと先代と同じ数値にとどまった。

「カタログ燃費の数値はお客さんの心に響かないことがわかっていたからです」というのはチーフエンジニアの南出洋志氏だ。2015年の段階で「次のミライースはカタログ燃費にはこだわらない」と決めていたという。それよりも実用燃費の向上と、もっと気持ちのいい走りを目指したとのこと。この判断、本誌はとてもいいと思います。

外観デザイン、特にリアフォルムは先代と比べてあまり代わり映えしない……と思われがちだが、中身は大幅進化したミライース

細かい技術の積み重ねで80kgの軽量化

では、新型ミライースはどのようにしてそこを追求したのか。最も重要なのは徹底した軽量化だ。従来型の730㎏から650㎏に、実に80㎏も軽くなっているのだ。

ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ構造「Dモノコック」を採用し、樹脂パーツも従来型以上に広範囲に使用。具体的にはフロントフェンダー、バックドア、燃料タンク(2WD車のみ)などを樹脂パーツとしている。さらに足回りの部品も徹底的にムダを削ぎ落として軽量化。L、Bグレードには国内最軽量の13インチタイヤ&スチールホイールを採用している。80㎏軽量化の内訳はボディで35㎏、足回りで15㎏、樹脂パーツの拡大採用で30㎏というものだ。

あまり軽くしすぎると、かえって走りの質感が低下するのでは? と心配になるが、「そのギリギリのところまでやりました。実際、乗り心地が悪化する傾向にありましたのでショックアブソーバーを改良しています」と南出氏。従来型よりもシリンダー径を拡大するとともに、アブソーバーのピストン速度に応じてサスペンションの上下の揺れをコントロールする軽自動車初の超飽和型バルブを採用。軽いクルマは突き上げが大きくなりがちだが、そこをうまくコントロールできる足になっているという。このショックアブソーバーはKYB製だ。

次ページ:そんなに軽くて安全装備は大丈夫?