GT-RからS660まで 国産スポーツ9台 乗り心地&燃費に優れる車はどれ?

ホンダNSX、日産GT-Rニスモ、レクサスRC F、日産フェアレディZ NISMO、スバルWRX STI、マツダロードスター、ロードスターRF、トヨタ86、ホンダS660の国産スポーツ全9台をチェック。

スポーツモデルといえば最も重要視されるのは、その走り。とはいえ、いつもサーキットや山道を全開で走るわけではない。普段使いで快適な乗り心地、優れた燃費性能を合わせ持つ国産スポーツはどのモデルなのか?

文:編集部、永田恵一/写真:奥隅圭之、平野学
ベストカー2017年5月26日号


乗り心地の良し悪しは9台のキャラを反映

テストしたコースはヒーローしのいサーキット(栃木県宇都宮市)施設内の連絡路。凹凸や排水溝の段差があるなど、通常の一般道よりも荒れた路面で、ここを30~40km/hの速度で走行しての乗り心地をチェックした。

ドライバーはF1参戦経験もある鈴木利男氏が担当。鈴木氏による9車の乗り心地の評価は次のとおり。

鈴木利男/1955年生まれ。1992年にアメリカのデイトナ24時間レースで、日産ドライバーとして日本人初優勝。翌年はラルースよりF1にもスポット参戦した日本を代表するレーシングドライバー

■ホンダ NSX

モード切替えがあるけど、ここではスポーツモードが車両の重さやタイヤの硬さにショックアブソーバーの減衰力が合っている気がする。全体的には、しなやかさのある乗り心地。ただ、これくらい路面の悪い道路だと、ユサユサとした上下の揺れが出る。

■マツダ ロードスターRF RS

1.5L RSと同じようにボディやステアリングからブルブルとした振動が伝わってくる。1.5L車と違うのは全体的に動きが重く感じるところ。ルーフはやはり閉めたほうがしっかり感がある。

■マツダ ロードスターRS

けっこう硬めで、段差ではゴツゴツした突き上げがあり、ウインドウあたりがブルブルと振動する。ステアリングも路面からの振動がかなり伝わる。ここでは、RSよりSグレードのほうが乗り心地はいいんじゃないかな。

同じロードスターでもRFとソフトトップでは、乗り心地に違いあり。RFはルーフを閉じたほうが乗り心地に優れると鈴木氏は指摘

次ページ:全9台の乗り心地ランキングは?