今売れてる車を分析!! 販売台数ベスト10【2017年4月】

2017年4月の車種別販売台数が5月9日に発表。登録車と軽自動車のベスト10と、そのポイントを解説。

文:編集部/写真:shatterstock.com、池之平昌信、平野学、TOYOTA、NISSAN、HONDA


C-HRが首位奪取! 軽はN-BOXが首位堅持 4月のトップ10は?

2017年4月 販売台数トップ10〈登録車〉

順位 車名 台数
1位 トヨタ C-HR 1万3168台
2位 トヨタ プリウス 9920台
3位 日産 ノート 9263台
4位 ホンダ フリード 9111台
5位 トヨタ アクア 7762台
6位 トヨタ ヴィッツ 7078台
7位 ホンダ フィット 6399台
8位 トヨタ ルーミー 5862台
9位 トヨタ シエンタ 5821台
10位 トヨタ カローラ 5287台

 

 

2017年4月 販売台数トップ10〈軽自動車〉

順位 車名 台数
1位 ホンダ N-BOX 1万2265台
2位 ダイハツ ムーヴ 1万2004台
3位 ダイハツ タント 1万1926台
4位 スズキ ワゴンR 9654台
5位 日産デイズ 9193台
6位 スズキ スペーシア 7457台
7位 スズキ アルト 7076台
8位 スズキ ハスラー 5405台
9位 ホンダ N-WGN 5016台
10位 ダイハツ ミラ 4047台

 

 

■今月の動き

今月のトピックは、C-HRがランキング首位に浮上したこと。3月の4位から一気に首位を奪還した。いっぽうe-POWERの好調も手伝って1月、3月とトップを獲得したノートは、4位に順位を下げている。

また、軽自動車ではN-BOXが14カ月連続でランキング首位を堅持している。

遠藤徹のトップ10モデル analysis—分析—

1位 C-HR
大人気で納期はすでに4〜5カ月待ち。バックオーダーが溜まっている影響で、3月登録に間に合わなかったぶんが、今月に反映され首位奪取となった。

2位 プリウス
人気は一段落した印象。PHVは2017年2月に発売されたが、思ったより販売が伸びておらず、先代ベースのプリウスαが販売台数を落としていることもあり、首位奪還はならなかった。

3位 ノート
日産車全体に言えることだが、3月に販売が頑張った影響で、今月は反動が出ている印象。同じく日産のセレナ(=3月、6位)もトップ10圏外に落ちている。

4位 フリード

6月28日のマイナーチェンジを控え、現在は在庫セールに入っている。値引き拡大も手伝って、3月の4位から順位アップとなったが、5〜6月は厳しいか。

5位 アクア

6月にマイナーチェンジを行うため、在庫の調整に入ったことからランキングダウン。6月以降はマイナーチェンジ効果で販売台数増加するだろう。

6位 ヴィッツ

3月の8位から順位アップ。2017年1月に追加されたハイブリッドが健闘し、販売台数に貢献している。

7位 フィット

3月の9位から2つランクアップ。3月登録に間に合わなかったぶんが登録されたことと、販売促進のキャンペーンが順位アップに結びついた。

8位 ルーミー

納車まで3〜4カ月待ちと、現在フルに生産を行っても受注に追いつかないほど。バックオーダーを多く抱えるため、3月は15位だったが、今月は見事トップ10入りと人気が高い。

9位 シエンタ

2015年7月の登場から1年半以上経過し、販売台数は落ち着いてきた印象。ランキングも3月の7位から2ランクダウンとなった。

10位 カローラ

決算月の3月に売り残したぶんが今月トップ10入りの要因のひとつ。カローラ店のメイン車種だけあって、堅調な売れゆきだ。