キュートなピザ配達用自動ロボット誕生 これは頼んでみたくなる【これは珍なり】

自動運転への挑戦が取りざたされる今日この頃。なんでもかんでも自動になって大丈夫なの!? なんてクルマ好きは思うだろう。しかし「これはかなり画期的かも!?」という自動化のウワサが聞こえてきた。それがあのドミノピザとヨーロッパの企業が共同開発する自動配達ロボだ。

文:ベストカー編集部/写真:Starship
ベストカー2017年5月26日号


デリバリーピザに革新が訪れる!?

“スターシップ”はデリバリー用ロボットを開発する会社だ。同社はエストニアに開発部門を置き、ロンドンに経営本部を置く。創業者のアーティ・ヘインラ氏は通話サービス「Skype」の共同創立者だ。ハイテクの最先端の人ってわけ。そんなハイテク集団”スターシップ”がプロデュースするデリバリーロボットは、あのドミノピザと共同で現在実用化へ向けたテスト中だ。

6輪のロボットは車重18kgで、10kgまでの重量物を運搬することができる。だからピザを運ぶことなんて朝飯前。現在は海外でドミノ・ピザと実験をしている段階だ。最高速は16km/hと自転車くらいの速さだが、安全対策で6km/hを営業運転用の速度に設定している。

走行時はメインとして歩道を通行するという。そうなると心配になるのがロボットの動きではないだろうか。子どもやさまざまな人が使う歩道で、ロボットが自動で走行するのは危険では? 「ロボットはまるで自分が歩行者かのような動きをします。もちろんほかの歩行者のスピードに合わせて走行をしますし、ロボットにとっても歩道が一番安全なのです」と担当者は語る。実験も順調なようで安全性も現段階では問題なしだ。

ご覧のように歩行者と同じ場所を歩く

自律走行もこなしちゃう万能ロボ

この配達ロボットは自律走行が可能だ。ドミノピザが協力しているだけあって、ちゃんと自動で配達ができないと意味がない。自律走行にはまず人間のコントロール下で走行をおこない、ロボットがそのルートを記憶するというプロセス。

ロボットの頭脳は優れていてGPSがコンピューターの視野と共に動くことで、確実性を増している。GPSは周囲30mしか正確な情報を得ることしかできず、そこにコンピューターの視野が加わることで3Dの地図をロボットが作ることができる。さらに9個のカメラと超音波センサーが装備されることで犬や歩行者、自転車などを感知して安全な方向へ進む。安全性への配慮の高さはさすが欧州プロダクツだ。

さらに配達中のピザが通行人につまみ食いされないように、常に荷室はロックをされており依頼主がスマートフォンで解錠しないかぎりロックされている。ちなみに現在までこのロボットテストを通じては2万5000㎞を走破し、280万人の人の目に触れてきたが誰一人として盗もうとする人はいなかったそう。万が一盗難やいたずらの危険性をロボットが感じた場合は警報を発し、ありとあらゆる開口部にロックがかかる。

車体上部と側方にはクルマのパーキングセンサー同様の超音波センサーがつく。周囲の障害物をしっかりこれで検知している

メルセデスもロボットの開発に参加中!!

このようなロボットが今後熟成されていくと、配達のお兄さんたちの仕事がなくなると思う人もいるだろう。しかしご心配なく。このロボット、あくまで近距離の配達用で最大30分の距離が目安だ。脅威ではなく人材確保に悩む運輸業界の助けになることも期待される。

長距離、中距離輸送は従来のトラックで配送し、そこから各住宅へはこのロボットで、というコンセプトだ。いまいちヴィジョンが浮かびにくいかもしれないが、下の写真を見てもらえればなんとなくわかるだろう。マンションの下までトラックが来て、そこから先の配達はかわいいロボットたちが担うってワケ。写真のようにメルセデスがロボットの「母艦」となるトラックのコンセプトを開発している。

日本ではピザ配達で見ることができるのか、それともネコや飛脚カラーのロボットになるのか。いずれにせよ路上でこのロボットを見る日が待ち遠しい。

メルセデスのバンはスターシップのロボットを搭載する母艦になる。メルセデスが着眼していることからも分かるとおり、このロボットのポテンシャルは高い