C-HRやXVは何位!? 国産コンパクト&ミディアム SUV ランキング

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いのカテゴリーといえばSUVだ。4月の販売台数トップをトヨタ C-HRが取るなど、街乗りからアウトドアまでカジュアルに使えるSUVは幅広い支持を集めている。

■2017年4月 販売台数トップ10

そこで、コンパクトからミディアムクラスまで全15台の個性豊かなSUVをランキング。「SUVはほしいけど、砂利道を走る機会はそんなに多くない」という人向けに、今回はオンロードでの性能で評価!!

文:国沢光宏/写真:編集部
ベストカー2017年5月26日号


同じジャンルのSUVといえども、車種によって求められている魅力の内容は違ってくる。ただ、一番重要なのは「何に魅力を感じてSUVを選ぶか?」という点にあると思う。実用車として買うなら、リーズナブルな2BOXの乗用車でいい。よって走る楽しさまで含めた「総合性能」という軸でチェックしてみたい。

12〜9位は実用性重視のSUV

■12位 ハリアー
ハイブリッドのほうがふつうの2Lエンジンより動力性能で優勢。とはいえ、ヴェゼルやエクストレイルと同じく、積極的に走りを楽しむようなクルマは目指していないと思う。

SUVとしての雰囲気や、優れたコストパフォーマンスで人気。ベストカーの読者がハリアーに乗っても「楽しいですね!」とはならないです。

ただ、前出3モデルとも毎日の相棒として使って不満なし。こういうクルマが売れると、もっといいクルマは作りにくい?

■11位 エクストレイル
日産で一番売れているSUV。ヴェゼルと同じく弱点なし。ハンドル握っていると「ふつうのクルマですね」と思う。

走りの評価以外の商品性(使い勝手やコストパフォーマンス)が優れていると考えればOK。ハイブリッドとふつうのエンジンの差も少ない。走りの評価というより、御予算と年間走行距離で決めればいい。

■10位 ヴェゼル
売れているSUVが走りの評価で下位に沈んでしまうあたりに、現在の日本のクルマ事情の“ねじれ”を感じます。

つまり、動力性能を含めた走りのよさより、デザインや価格、使い勝手を含めた“商品性”がユーザーにとって重要だということなんだろう。

そういった意味ではヴェゼルの走りはふつう。特に優れた点なく、もちろん弱点もありません。

■9位 CX-3
やはり絶対的な動力性能が物足りない。最も軽いFFのマニュアルすら1250kgもあり、低速トルク太いとはいえ105psエンジンで走らせるのは厳しい。

もう少しパワフルなエンジンを搭載したうえ、アンダーステアに終始する実用車的なハンドリングから、スポーティな味付けに切り替えれば上位に入ってくる。マツダ車全般にいえるのだけれど、遊び心ありません。

ここからが走りの楽しさを積極的に味わえるモデル。9位以下は実用SUVということになります。

次ページ:8位〜5位は?