爆売れC-HR、大ヒットの理由と賢い買い方

トヨタC-HRが売れまくっている。2016年12月にデビューしたこのコンパクトSUV、発売直後から順調に評判を高め、2017年4月にはついに車名別月間販売台数(普通登録車部門)で2位のプリウス(9920台)に大差をつけての1位(1万3168台)を獲得(2017年4月の販売ランキング結果&分析はこちらを参照)。現在C-HRの納期は約半年まで延びており、首都圏の一部では年内納車が難しくなってきたお店もあるとのこと。いったいなぜここまで売れているのか? 自動車評論家の渡辺陽一郎氏に、ヒットの理由と賢い買い方を聞きました。
※なお車名の「C-HR」は「Compact High Rider」と「Cross Hatch Run-about」を合わせた造語です
文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信


■C-HRヒットの理由は「トヨタの中で一番買いやすい」?

C-HRはトヨタのコンパクトSUV。2017年4月には1万3000台以上を登録して、プリウスやN-BOXを抑え、国内の最多販売車種になった。2016年12月の発売以来、好調な売れ行きを保つ。
好調に売れる背景には複数の理由があり、まずはSUVというジャンル自体の高人気がある。SUVはフェンダーがワイドに張り出して、ボディの下側は存在感が強い。なおかつ上側は5ドアハッチバックやワゴンに準じた形状だから、居住性や積載性も優れている。個性的なクルマを求めるユーザーの趣味性と、ファミリーカーとして使える実用性を両立させてSUVは人気を得た。C-HRが好調に売れる背景にもSUVの魅力がある。
2つ目の理由は、SUVの中でも特に思い切りの良い外観デザインだ。ボディ全体を彫刻のようなメリハリのある造形に仕上げた。同じトヨタのシエンタも、コンパクトミニバンの実用性と、個性的な外観が独特の魅力だ。
3つ目の理由は、トヨタで唯一の購入がしやすいコンパクトSUVであることだ。ランドクルーザーやFJクルーザーは、悪路向けのLサイズSUVだから、取りまわし性や乗降性に不満があって日本では売りにくい。価格も高い。ハリアーは都市型SUVで堅調に売れるが、主力グレードのプレミアムは、2WDの2Lエンジン搭載車でも価格が300万円を超える。
その点、C-HRは全長が4360mm、全幅は1795mmに収まり、後方視界が悪いものの、市街地でも運転がしにくいとは感じない。価格は251万6400円から用意される。かつて人気を高めながらも販売を終えたRAV4、ヴァンガードといったSUVのユーザーが、サイズと価格の手頃なC-HRに乗り替えた。

■プリウスの顧客も奪っている

販売店のセールスマンによると、先代プリウスからの代替えも多いという。現行プリウスも低燃費で割安だが、外観の評判はあまり良くない。ボディも拡大した。そこで現行プリウスに不満を感じるユーザーが、コンパクトで外観もスポーティなC-HRハイブリッドに乗り換えている。そのために2017年4月には、C-HRが好調に売れた代わりに、プリウスの登録台数は対前年比が50%以下に落ち込んだ。軽自動車も含めた総合的な販売ランキングは5位になり、C-HRに顧客を奪われている。
4つ目はハイブリッドと1.2Lのターボというエンジンの品ぞろえだ。特にハイブリッドはJC08モード燃費が30.2km/lに達して、ホンダのヴェゼルハイブリッドに勝る数値となる。新しいプラットフォームによるバランスの良い走行安定性と乗り心地も魅力だ。
5つ目はトヨタの充実した販売網。トヨタ4系列の全店(4900店舗)が扱うから、1店舗が1か月に2台売れば、それだけで約1万台に達する。さまざまな好条件が重なって、C-HRは人気車種になった。

SUVというジャンル自体に人気が高まっていること、車単体での性能が高いこと(ライバルより優れていること)、トップメーカーであるトヨタの中でも特に買いやすい車両であること、などがヒットの要因といえそう

次ページ:ライバル車の分析と推奨グレード