超高齢化社会に向けたマツダの取り組みが地味だけどすごい

各メーカー、安全技術の開発にものすごい力を入れている。なかなか横並び比較が難しい分野だが、「このメーカーは安全装備のこの部分に力を入れて頑張っている」というのは取材していてわかる。今回はマツダの地道な努力にスポットをあてた。特に高齢者向けの地味だけど(失礼!)大切な安全技術の向上に、敬意を払いたい。
文&写真:ベストカー編集部
ベストカー2017年5月26日郷


■衝突回避支援・被害軽減技術も大事だけど

2017年3月、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備「i-ACTIVSENSE」を’17年度中に新世代商品群へ随時標準採用していくことを発表したマツダ。その一部をメディアに体験してもらうことを目的に、「安全取材会」が開催されたので報告しよう。

取材会当日、用意された体験プログラムは衝突回避支援・被害軽減技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と、「AT誤発進抑制制御」、認知支援技術の「BSM」(ブラインド・スポット・モニタリング)と「RCTA」)(リア・クロス・トラフィック・アラート)、「TSR」(交通標識認識システム)の5つ。

「アドバンストSCBS」(※デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5に採用)は、従来型のSCBSが採用していた赤外線センサーではなく、単眼カメラで歩行者や障害物を検知する。停止時に前方に障害物がある場合、アクセルを踏み込むと警告音とメーター内の表示とともにエンジンパワーを抑えて急発進を抑える

どの安全装備も非常に重要だし、今後ますますの進化が期待されるところだが、本企画担当が注目したのは、高齢者疑似体験セットを使った高齢者事故ケースの実体験取材。現行CX-5をはじめアクセラにデミオ、アテンザなどに採用されている安全装備を、高齢者疑似体験セットを装備しながら順繰りに体験する取材だ。

高齢者疑似体験セットとは、着けると無理やり前のめりの姿勢になるような「重り」の入ったジャケットとO脚になるサポーター、筋力の低下によって足が上がらないようにした厚みのあるシューズ、膝が曲がりにくくなる膝サポーター、そして視野が極端に狭まるサングラスの一式。これを装着しながら運転する。

これでペダルレイアウトの異なる現行&先代型デミオとアクセラで試してみたら、「おお、なるほど全然違う」と発見があった。

高齢者疑似体験セット。全部つけるとこんな感じ。なかなかしんどいが、高齢者は常にこんな感じなのか……と思うと優しい運転を心がける気にもなる

次ページ:アクセルとブレーキの踏み間違いを減らす効果的な技術