新型カムリの日本仕様が発表!! 発売日もキャッチだ【遠藤徹の地獄耳スクープ】

月に200店舗のディーラーを訪れるという遠藤徹氏。その情報量はベストカースクープ班も舌を巻くほどだ!! そんな遠藤氏が今回は話題のカムリの発売日もキャッチしている。今回はトヨタの地獄耳をメインにお届けしよう。

文:遠藤徹/写真:トヨタ
ベストカー2017年6月10日号


カムリが7月にも日本に上陸だ!!

7月10日にフルモデルチェンジする次期型カムリは、これまでのカローラ店専売からトヨタ店を除く3系列店併売となります。4系列店の併売という情報もありましたが、実際にはトヨタ店扱いは見送られるようです。

次期型カムリはクォリティアップによって上級シフトし、トヨタ店の専売車であるクラウンとの競合を避ける狙いがあるようです。3系列店併売によって、これまでの月販1000台弱から3000台規模の量販を目指す構えのようです。

公開されたばかりの国内仕様のカムリ。フロントマスクはかなり迫力のあるデザイン。クジラのような大きな開口部はひとつのアイコンになりそう

リアエンドはフロントに比べるとコンサバティブな印象を受ける

内装はシックで上質な印象。今後のトヨタのミドルセダンを担う1台だけに力が入っているようだ

 

ランクルはプラドだけが8月にマイチェン!!

トヨタは8月にランドクルーザープラドをマイナーチェンジすると同時に、安心パッケージの「トヨタセーフティセンスP」の標準装備車を設定します。今回はかなり大幅な手直しで内外装のデザイン変更に加え、新グレード&ボディカラーを設定します。価格は装備の充実やクォリティアップによって10万円程度の値上げとなります。

今回マイナーチェンジするのはプラドのみで最上級のランドクルーザー200は実施しない見込みです。これにより、コンパクトからラグジュアリークラスまでひと通りSUVの新商品ラインアップ体制を整えることになります。

2.8Lディーゼルなどもセールスポイントのプラド。安全装備がつくことは大型SUVにとっても大きな進化だ

次ページ:アクア、ポルテに大きな動きあり!?