ストラーダ大使が行く名城巡り -第一回 小田原城編-

ストラーダ大使が行く名城巡り [第一回 小田原城編]

20161110_strada_top02

小田原城は北条氏五代約100年の栄華の中心地であった。1960年に現在の天守閣が再建された。

.
パナソニックの新型カーナビ、ストラーダの魅力を体験してもらうべく、ベストカーでは10日号で3回連続、ストラーダ大使をアンバサダーのもとに派遣。大使には来年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』を先取りして「女侍」を起用し、アンバサダーに9インチの大画面をたっぷりと味わってもらうことにした。

■ パナソニック公式:http://panasonic.jp/navi
■ お客様ご相談センターTEL: 0120-50-8729

20161110_strada_xx13

【チェルシー・リナ】:テレビ東京のスーパーGT+のレポーターの経験もあり、クルマが大好きで横浜女子マラソン完走と体力もある。芋焼酎をスルメをつまみに飲めるハーフ。ブース所属。


パナソニックから発売になった新型ストラーダ最大の魅力は2DINスペースに9インチの大画面カーナビを搭載すること。しかも200車種以上に対応するので、古いクルマにも取り付けられるからビックリ。今回は日米のハーフながら、日本のお城と芋焼酎が大好きなモデルのチェルシー・リナを大使に任命。日本百名城に選ばれている神奈川県の小田原城を目指した。
「でっか〜い! ふだん、スマホをナビとして使っているんですけど、9インチってこんなに大きいんですね」
音羽の不夜城から乗り込んだチェルシー・リナの第一声がこれ。スマホをナビとして使っている人は多いと思うけれど、やっぱり大画面の見やすさはまるで違うもの。しかも新しいストラーダはディスプレイがナビ本体から浮き出しているフローティング構造のため、手元に近くて扱いやすく、実際は9インチでも10インチなみの迫力を感じられるのが特徴。しかもデザインがかっこいい。高質感のアルミフレームを採用している。

20161110_strada_xx9

【左】:BCストラーダ大使・チェルシー・リナ / 【右】:ベストカーアンバサダー・ウッピーさん

「高級感がありますね。アルミフレームが柔らかくラウンドしていて、見ていてリラックスさせてくれます。きっと女性にも受けるんじゃないですか」さすが、モデルさんはお目が高い。さくさくと小田原城を検索して案内スタート!

向かう小田原城は北条氏が豊臣秀吉に抵抗して3カ月間籠城したことで有名。籠城か打って出るかでなかなか結論が出ず、『小田原評定』なんて言葉もできました。天守閣は1960年に再建されたものだが、関東では、最も立派なもののひとつで、年間50万人も訪れる。


ここに注目!

20161110_strada_xx2b

ディスプレイは薄型で周囲はアルミフレームとし、左右はラウンドした柔らかなアールラインのデザインが施される。

20161110_strada_xx3

ディスプレイ角度は最大約60度まで調整できるからCDやDVDの挿入も邪魔にならない。

20161110_strada_xx4

オプションでフロントインフォディスプレイも装着可能。ナビ情報が視線の先にわかりやすく表示される。

 

 

 

 

 

20161110_strada_xx5

画面が大きくなったぶん、ルートガイドの見やすさもだんぜん。間違いやすい首都高のランプもしっかり教えてくれる。


20161110_strada_xx6

VICS WIDEを標準搭載し、精度の高い渋滞情報を活用。交差点レーン別に渋滞状況を色分け表示してくれる。

 

ストラーダ大使の名城巡り。次ページではいよいよ、小田原城へ!