【画像ギャラリー】ラリージャパン復活で、WRC復帰が望まれるスバルの歴史をプレイバック!

■ファンの目に焼き付いた、スバルの活躍

記事に戻る|【トヨタが活躍! ラリージャパンも復活! でも…】スバルはWRCを捨てたのか!?

1990年からスバルはWRCに本格的なワークス参戦を開始した(レガシィRS)。6台が出場し、総合6位が最高成績
1993年の1000湖ラリーから投入されたインプレッサ。アリ・バタネンが2位入賞。スバルのマニファクチャラーズ順位は1993年3位、1994年2位
1997年のインプレッサ―WRカー。 1997年、全14戦で行われたWRCにおいて8勝を挙げ、スバルは日本車メーカーとしては初となる3年連続(1995~1997年)でのマニュファクチャラーズタイトルを獲得
2001年にGD型インプレッサWRCを投入。ペター・ソルベルグが2002年シーズン年間2位、2003年シーズンにはドライバーズチャンピオンを獲得した
2005年のWRCはペター・ソルベルグが2005年に3勝を挙げたものの年間2位、クリス・アトキンソンが年間12位。2006年は、ペター・ソルベルグが年間6位、クリス・アトキンソンが10位。2007年はペター・ソルベルグが年間5位、クリス・アトキンソンが7位と振るわなかった
2008年シーズンにデビューした5ドアのインプレッサWRCは、クリス・アトキンソンがシーズン総合5位、ペター・ソルベルグが総合6位。この年を最後にWRC撤退となった

記事に戻る|【トヨタが活躍! ラリージャパンも復活! でも…】スバルはWRCを捨てたのか!?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ