【画像ギャラリー】今の時代にはない過激さ!! 20世紀のホットハッチモデルたち


■ダイハツ シャレード デトマソターボ

■日産 マーチ スーパーターボ

次ページは : ■ちなみに「火の玉ボーイ」がキャッチフレーズだったのは スバル 初代ジャスティ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ